スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラパ・ニュイ島に行ってみよう!』 (3)

 太平洋を股にかけて暮らしていた古代ポリネシア人たち。
しかし、彼らの「活躍」は、あまり知られていない。よしんば、"伝承"の域を出ないのだ。それはなぜだろうか。

 そのもっとも大きな理由というのは、きちんとした記録が残っていないためといわれている。ポリネシアには、土着の言語というモノがなかったために、現代まで伝わる記録がないのだ。

 なお、イースター島(ラパ・ニュイ島)には、『ロンゴロンゴ絵文字』と呼ばれる文字があったが、残念なことに多くの石版が破壊されたため、現状では解読は不可能とされている。 ヨーロッパから来た人々にとって、自分たちの文字 -アルファベット- 以外の文字は「悪魔の文字」に見えるらしく、世界各地でこういった「所行」を繰り返しているのだ。

 その根底にあるのは、白人至上主義、つまり「白人こそが、もっとも文明的、偉大で優れているとする人種」であるという考え方であり、これに乗っ取りヨーロッパ各国は植民地支配を正当化していくのだった。

 今でもその手の話があるのかというと…気分的にイヤな話になるが、筆者も数年間ヨーロッパの某国に住んでいたことがあった際に、そういう経験は何度かある。まぁ、私に言わせれば「キミらの敬愛する(敬愛しているであろうと自称している)キリストだって、非白人(ユダヤ人)だし、キミらキリストにも唾を吐きかけるのかい?」とか言いたくなるわけだな、うん。まぁ、どこの世界・国にも馬鹿はいるさね。

 話がずれちゃったんだけど、元英国の首相だったウィンストン・チャーチルが「文明国とはなにか」ってことについて、ちょっと面白いことを言っているので、抜粋して紹介することにしよう。チャーチル先生は、日露戦争が終わったあとの日本について言及して、次のような事を書いている。

「かつて日本人が、芸術作品や文化をヨーロッパに紹介したにも関わらず、人々は彼らを『文明国』とは見なかった。それなのに、日本人が優秀な兵器と強力な軍隊を持ち、帝政ロシアを打ち破った時に、初めて日本は『文明国』として認められることになった。日本人はそのことに自ら驚いたのである」。

 結局、今の社会では「力のあるモノこそが正義」なんだろうかね。
前置きが長くなったんですが、今日のおはなしはそんな時代だって事を、頭の片隅にでも置いて読んでくれると助かります。 

[More...]

『ラパ・ニュイ島に行ってみよう!』 (2)

いよいよ、あさってから『大航海時代 Online ~Cruz del Sur~』がスタートします。

Chapter1 ~Circumnavigation.~
Circumnavigation
【通称:マゼ太郎】

ついでに、こんなのもあるようで・・・
CDSキャンペーン


ちょっと思ったのは・・・
既存のプレイヤーには、何の特典もないというのはどーなんだろうねぇ・・・
「アップデートチケットを先行販売!」っていっても、はやく買ったからどうだってもんでもないしさ。

なんか、神様の方向性がよくわからんです、ハイ。


おお!こんな"魅力的な"キャンペーンが!!!

ビンゴボンゴ



もうビンゴボンゴはいいって・・・

その島は、『テ・ピト・オ・テ・ヘヌア』と呼ばれています。
日本語に訳すと、『世界のおへそ』という意味。

この島の正式な名称は、『ラパ・ニュイ(Rapa Nui)』。

住んでいる人は自分たちのことを、島の名前と同じく『ラパ・ニュイ』と呼ぶ。

島の人が話す言葉も、『ラパ・ニュイ』語。

『ラパ・ニュイ』という言葉は、「広い大地」という意味なのだ。

[More...]

『ラパ・ニュイ島に行ってみよう!』 (1)

その島は、『テ・ピト・オ・テ・ヘヌア』と呼ばれています。
日本語に訳すと、『世界のおへそ』という意味。

この島の正式な名称は、『ラパ・ニュイ(Rapa Nui)』。

住んでいる人は自分たちのことを、島の名前と同じく『ラパ・ニュイ』と呼ぶ。

島の人が話す言葉も、『ラパ・ニュイ』語。

『ラパ・ニュイ』という言葉は、「広い大地」という意味なのだ。


[More...]

闘牛へようこそ (7)

覚えておくと
プレステ・ジョアンイベントでなにかいいことあるかもね
と思っちゃったりする単語集

コプト派

 エジプトで独自の進化を遂げたキリスト教の一派。

ソロモン王

古代イスラエルの第三代国王。
なんか気がついたら大金持ちになっていた。その上、知恵もついていた!(ソロモンの知恵)
ついでに動物ともおはなしができたらしい。まぁ、ノーベル賞受賞者のコンラート・ローレンツ先生も、動物とお話しできたというからそんな珍しくもないんだろうか。

ソロモン王が大金持ちになって何をしたかというと、とりあえずハーレムを造ったらしい。奥さん700人、そばめ300人って多すぎだろおまえ。
まぁ、親父のダビデ王もそちら方面ではだらしなく、臣下の奥さんを寝取って旦那を殺しちゃったり…ああ、このときの寝取った奥さんがソロモン王のお母さんになったんだよな、うん。

ちなみに、ソロモンの息子は王位を継いで速攻で、国を二つに割ってしまった大馬鹿である。

シバの女王

シバって国の女王様(そのまんま
たぶん、今のイエメンかエチオピアあたりにあったんじゃないかと思われている。ソロモン王の知恵の高さを聞いて、見物に遊びに来たらしい。
で、まぁエチオピアでは初代の王様が、この女王とソロモン王の子供だという都市伝説が。あと、「失われたアーク」こと『聖櫃(せいひつ)』(もしくは「契約の箱」)が、このシバの国にいったんじゃね?って説もあったりしてなかなかミステリアスな国でもある。

アクスム王国

冒険クエストでもお馴染みの、なんかいっぱい塔がたっている国。
シバの女王の国、もしくはプレステ・ジョアンの国の最有力候補とされていた国でもあった。

 オフ版の大航海時代2では、このアクスム王国がプレステ・ジョアンの国だったと信じた主人公の一人 ジョアン・フェレロがこの国にやってくる。で、ジョアンのおっかさんの依頼を受けたピエトロ・コンティ君が、なんか杖を探しに行ってくれるんだがここで気を付けなきゃいけないことが!
ジョアン君は初心者用キャラということもあって、イベント発生の判定が安全仕様になっているらしく、このイベントでも自戦力が一定以上にならないと次のステージに進まないのだ。これは、次のステージでトルコの大艦隊と海戦をしなきゃいけないからなんだけど、ここに落とし穴があるんだよ。なぜか、投資によって新たに作れるようになる戦列艦・シップ級・バーグ級といった船では、戦力が低いと判定されるらしく、いつまでたってもピエトロ君が帰ってこない。ロッコには「そろそろ来ますぜ、いってみやしょう」、アクスムの爺さんには「も、もうおしまいですのじゃ! 早く杖を!」とせかされる始末。だから、ヴェネツィアンガレアスあたりで我慢しておいた方がいいですぞよ。

ちなみにジョアンのお父さんのレオン・フェレロは、ずっと尽くしてくれたカルロータをあっさりとフッて、玉の輿のクリス王女と結婚した男である。

 さて、闘牛についての最後の講義だよ。前回の内容を忘れた人は、きちんと復習しておいておくれでないかい。

第一回
第二回 
第三回
第四回
第五回
第六回

[More...]

闘牛へようこそ (6)

起きたら中型終了10分前


大海戦に出ようと思ってたんですが、寝坊しました。


べ、べつにどうしても出たかったわけじゃないんだから…




モ(゚∀゚)━ウ( ゚∀)━(  ゜)━(  )━(`  )━ダ(Д` )━メ(´Д`)━ポ(;´Д`)━━━!!!

 さて、闘牛についての6回目の講義だよ。前回の内容を忘れた人は、きちんと復習しておいておくれでないかい。

第一回
第二回 
第三回
第四回
第五回

[More...]

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。