スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日の晩に、貴方にアガメムノンを…

本年も、ご愛顧ありがとうございました。
DOLを始めたのが、今年の8月…いろいろなことがありました。
来年もよろしくお願いいたします(ぺこり

ということで、本日2回目の更新は…
あの、けったいな仮面の主についてw
 何気なく、人様のブログ巡りをしていたところ、 アクエリアスさんのところで こんな話が。

 もう一ヶ月たつんですが、我が山百合会のかっぱぎ姐様こと松平瞳子姉様主催の、「Dancing Dice」!

 この中の会話より…

M○jas=Mojamo>アガメムノンの力か!
ら○だ>アガメムノン神をたたえよ!


アガメムノン神…
そういや、アガメムノンって何やった人だっけ?

 アガメムノンは、ペロポネソス半島の東側にあったミュケナイ(*1)という国の王様でした。

この人の弟が、スパルタの王様メネオラス
このメネオラスの奥さんであったヘレネが、当時のトロイの王子であったパリスにさらわれたことから悲劇が始まります。

 このパリス君、生まれたときに「この子はトロイに不幸をもたらす!!」と予言されたため殺すよう、父王は家来に命じます。
しかし、可哀想に思った家来により彼は山に捨てられました。
ホント、殺っちゃえばよかったのに…

さて、山の中で羊飼いに拾われたパリス君は、その後もすくすくと成長していきます。ニンフのオイノネと結婚し、イデ山で羊飼いをしていたパリス青年ですが、後に王子であることが分かり、トロイの王宮に迎え入れられるのでした。

 しかし、ここでヘラ、アテナ、アフロディーテがやってきて、誰が一番美しいか判定させようとした(パリスの審判)ことが彼の運命を変えるこことに。
 では、誰を選んだのか?
女神の一人、アフロディーテはパリスにこう約束します。
 「私を選べば、あなたにこの世界で一番美しい女性を、妻として与えましょう」
パリス君、狂喜乱舞。

「アフロディーテかわいいよ!アフロディーテ!(≧∇≦)ノ」


 約束どうり、アフロディーテはパリスに
「スパルタの王妃ヘレネが美人だから、さらっちゃえ!」とけしかけ、パリス君も超乗り気!

…え?オイノネさんはどうしたって?
もちろん、捨てましたよ!!

 しかし、それでメンツを潰されたのがスパルタの王様メネオラスでした。
そこに、アジア最大の富を誇るトロイの富を狙うアガメムノンの思惑が重なり、この兄弟はギリシャの英雄達を集めてトロイに攻め込むことになります。
 そして、アガメムノンはギリシャ軍の総大将になりました。

その後いろいろ(アガメムノンのヘッポコ指揮で窮地に陥ったり、キレて英雄アキレスともめたり…)あって、まぁなんとか勝利!

[詳しいことは、ホメロス作のイリアスを参照]
 そういや、少し前に「トロイ」っていうアイタタタな映画があったな…昨日行ったコンビニで、1980円で売ってまつた。

 さて、アガメムノンは敵国の王女カッサンドラ(*2)を戦利品として意気揚々と故国に帰還。
 しかし10年も家を空けていたから、奥さんのクリュタイムメストラ(ヘレネの姉)は、アイギストスって人と浮気。
 なにせ、アガメムノン。
出陣の時に、自分の娘の一人 イピゲネイアを生け贄に差し出していることもあって、奥さんも怒り心頭に来ていたわけですな、うん。

ということで、奥さんと愛人 さくっと風呂場でアガメムノンを暗殺。

ぇ?暗殺??


 ギリシャ神話って、こんなんばっかだなw

 その後、お父ちゃん大好き娘のエレクトラ(*3)が、弟オレステスに「敵討ちじゃ~」と励まし、母親と愛人を殺害させます。

 ギリシャ神話って、こんなん(以下略

 ところが、母親殺しの大罪を神々は見逃さなかった。
親殺しや偽誓の罪に対する「復讐の女神 エリニュス」に追い回され、オレステスは大ピンチ!
 結局、最後は無罪放免…めでたしめでたし

 ギリシャ神話って(以下略
[詳しいことは、アイスキュロス作のオレステイアを参照]


 ということで、アガメムノンって簡単に言うと、
「欲にくらんで弟と一緒にトロイに攻め込んだけど、軍隊の指揮がイマイチでやられそうになって、留守の間に奥さん寝取られて、最後は風呂場で死んじゃった王様」
ということになるのかなw

…ウウム。御利益アルカナァ??

 それでいいのか、らくださん?w


***脚注***

*1:ミュケナイ(Μυκηναι【ギ】, Mikenes【英】)
 1872年、ハインリッヒ・シューリマンによって発掘された伝説の都市。この地の名前をとってミケーネ文化と呼ばれる。

*2:カッサンドラ
 予言の力を持つも、アポロンの呪いによりだれもその予言を信じなくされてしまった悲劇の王女。
 いまでも、イタリア語でカッサンドラというと、「不吉な」とか「破局」という意味に。

*3:エレクトラ(Ηλέκτρα【ギ】、Elektra【英】)
 本名はメディナ・ラ・ルゲンシウス・エレクトラ。
 この機体は、P3シリーズ対戦哨戒機として使われている。
 エレクトラコンプレックスの語源になった人。
エレクトラコンプレックスというのは、娘がお父さんを愛してしまい、その反動でお母さんを憎むようになる感情。
スポンサーサイト

Comment

2006.01.02 Mon 22:13  |  いやーぴったりじゃん

うぉっす。
いやーアガメムノン姐さんにぴったりじゃないでか(笑)
欲に目がくらむあたり、本能的に反射で動くあたりまさにしっくり。
ツタンカーメンの場当たり的な方法論も姐さんに通ずるとこがあるので、いずれツタンカーメンにも触れてくだされ。待ってます

  • #-
  • ジントック
  • URL

2006.01.03 Tue 17:40  |  ジントックさん>

いやぁ、なんていうか…ドウヨ、コイツ?って人生の方でしたな、アガメムノンw

なんだろう。
ギリシャ神話ってこんなのしかいないのかw

実は、そのうち「ロロ」行こうかなとおもってました。
ツタンカーメンって早死にした人としかおぼえてないなぁw

  • #-
  • ルクレッツィア・ロッソ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/82-579560d6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。