スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対談企画 「ぶっちゃけ『マルコ・ポーロ イベント』どうだった?」(前編)

 前々回くらいのブログの記事で、「マルコ・ポーロ イベントに絶望したっ!!」と叫びました。その後にですね、「近いうちに、イベントを振り返って記事を書くよ」と言ってしまったんです。

 でもね…
よく考えてみたら、すげぇえええメンドウくさくて!

で、1時間くらい考えたんですよ。

「あ。
対談形式にしてログ貼り付ければいいんじゃね?」




犠牲者 メンバー紹介

ハミルカル・バルカ

【 ハミルカル・バルカ 】「打倒ローマは一日にして成らず」
  ~ブログ紹介文から~
   大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

  気がついたら、まとめWIKIでマルコ・ポーロ情報の一つとしてブログが紹介されていた人。
  ウチも人のこと言えないけど、歴史のマニアックなネタを取り上げるブロガーでもある。


学名:ペペス・ペペ

【 pepe 】「てぃきんるーむ」
  先だって、めでたく誕生日を迎えられたおぺぺ様。
  幾つになったのか年を尋ねるのは、それが誰であろうと命の危険を冒すことになるであろう。


ルクレッツァ・ロッソ>すいません 突然お呼び立てしまして
ハミルカル・バルカ>おはよすー
ルクレッツァ・ロッソ>いやぁ、実はデスネ。マルコポーロイベントの感想を書こうと思ったのですが
ハミルカル・バルカ>あー・・
pepe>キタコレ 超期待
ルクレッツァ・ロッソ>面倒くさくなったので、お二方との対談形式でやれば楽かなと思いまして!!
pepe>・・・(゚Д゚)
ハミルカル・バルカ>面白いね
ルクレッツァ・ロッソ>今回の感想と、今後のライブイベントに求めるモノ、みたいなテーマで一つお願いできませんでしょうかw

~今回のイベントは何点?~


ルクレッツァ・ロッソ>では、まずお二人にお伺いしたいんですが、ぶっちゃけ今回のイベントに100点満点で点数をつけるとしたら何点?

ハミルカル・バルカ>そうねえ
pepe>30点(´ω`)ノ
ハミルカル・バルカ>前半は80点後半は0点かな
ルクレッツァ・ロッソ>これはまた手厳しいw
ハミルカル・バルカ>前向きに良かった点から挙げると、前半は面白かったんよ
ルクレッツァ・ロッソ>ふむふむ
pepe>前後編にわけるならハミルカルさんと同じくらいかな
pepe>前半いい感じだったよね

ルクレッツァ・ロッソ>わたしも前半は面白かったと思う
ハミルカル・バルカ>情報がないし答えもない、考えさせられる感は今までにないものがあった
ルクレッツァ・ロッソ>その場で「正解」とか出さなかったのも良かったよね。
pepe>うんうん。今までみたいな右に習えにならなかったもんね
ルクレッツァ・ロッソ>それあると、すぐまとめWIKIに出ちゃうし
ハミルカル・バルカ>WIKIに頼ってるひとにはいい薬になるイベントだなとw
ルクレッツァ・ロッソ>って、アンタのブログWIKIにでてたじゃないかw
ハミルカル・バルカ>おお
ハミルカル・バルカ>知らないうちに載っててふいた

pepe>リンク張ってあったね。笑
pepe>"自分で考えて結果を出す"というのはいいよね
pepe>お二方のブログは参考にさせていただきましたヨ! 東方見聞録の内容なんて知らないモノ


 お二人とも、「前半」部分のアイデアの良さは評価されているようです。特に、すぐに正解かどうかを明らかにしなかったこと自体は、今までになく時間差をうまく使っていると高評価。
 しかし、問題になるのは対談の中で何度も出てくるのですが、イベントの「前半」と「後半」の作り込みの明らかな温度差のようです。


~「史実」の限界?~

ルクレッツァ・ロッソ>あ、これは最初に訊いておけば、良かったんだけど…
ルクレッツァ・ロッソ>ハミルさんは記事書くくらい詳しくて、前に話したときはペペさんは「マルコなんてしらん」っていってたもんね。そういうプレイヤーの背景ってのは今回のイベントにとってどうだったのかな?

pepe>知らないなら知らないなりの"自分の結果"を楽しむイベントだと思っていたのよ。なんだけど…最後がねえ
ルクレッツァ・ロッソ>ああ、なるほどね
ハミルカル・バルカ>そだねー
ルクレッツァ・ロッソ>やっぱ、さいごの「尻切れトンボ」がだよなぁ…
pepe>結局、知ってても知らなくても、自分の結果を楽しんでNE!って感じになるのかと思ってたんだけど
pepe>東方見聞録の内容についての補足もなければ、"結果"もなかったわけじゃない。まさに尻切れって感じがしちゃってどうもね・・・。


ハミルカル・バルカ>わたしはそこがシナリオ書いた人も、困ったとこだと読んだ
pepe>と、いうと? 史実かどうかもわからないってところ?
ハミルカル・バルカ>あれって厳密には答えがないから、これが正解です、はいプレゼント これは無理ある
ルクレッツァ・ロッソ>ああ…マルコなんていないって説もあるぐらいだしなw
pepe>ふむふむ
ハミルカル・バルカ>だから自分で答えを選択する/シナリオ作る 流れを楽しむイベントにするしかなかったのかな
ルクレッツァ・ロッソ>苦肉の策というわけですか

pepe>でも、それならそれで、その「史実じゃないかもしれないし、色んな説があるのよ」っていうのを補足として入れてあげて劇は終わらせるとかにすればよかったんじゃないのかなぁ?
ハミルカル・バルカ>そですねえ、それあればぜんぜんちがうのに。アノ尻切れ感はなんなんだとw
pepe>シナリオ立てた時点で何人かのスタッフで検証すれば、最後が尻切れじゃないかって気付くと思うんだけどなぁ
ルクレッツァ・ロッソ>結局、「劇はどうなったのよ?」っていうユーザーの叫びが残るんですよね

 マルコ・ポーロという人は、大航海時代の基礎に重要な役割を果たした人でありながら、その素性とか体験には驚くくらいいろいろな説があります。だからこそ単なるクイズのように、「キミが正解!」というエンディングが用意できなかったんじゃないか、というハミルさんの考えは新鮮に感じられました。
 でも、今回の終わり方じゃ やっぱり物足りないですよねw



~なにがいけなかったのだろう?~

ルクレッツァ・ロッソ>たとえばね、こんなのはどうでしょう。
ルクレッツァ・ロッソ>せっかくあれだけの"情報"をつくったんだから、それらを集めて劇団側(運営)で5つくらいのシナリオ案を作る。で、プレイヤーはどれか一つを選んで、「推薦」するの。で、次の週に一番得票が多かった劇を「上映」する、ってのはどうかな? これなら「正解」はいらないんじゃないかね?
ハミルカル・バルカ>鯖ごとに劇がちがうとか面白いね
pepe>うん。
ルクレッツァ・ロッソ>結果は分からないから、工作も予想も出来ないw
pepe>今までのイベントから考えても、たとえ鯖ごとじゃなくてもキャラが選択した結果の"むーびー"を見せることは可能だったとオモウのよね
pepe>よくイベント時に発生する、例のフキダシマークのやつね

ハミルカル・バルカ>絵を数枚描けばいいだけで全然違うねえ

pepe>ぶっちゃけ、時間と人数が足りなかったんだと予想してます。(笑)
ルクレッツァ・ロッソ>今回のイベント、5月下旬っていってたのもずれ込んだしね
ハミルカル・バルカ>遅延すんのかなとかおもったね
pepe>ね。笑
ルクレッツァ・ロッソ>あれなら、遅延してもいいから まともなモノ作って欲しかったなw
pepe>C4の日程だけが先に決まってて、どんづまりになっちゃったんじゃないかしら。
ハミルカル・バルカ>昔のOFF版とかもっとるーずだったから そういう耐性はあるw
pepe>なんという航海者の忍耐力。笑

 同じテーマや舞台をつかっても、アイデア次第でもう少しうまく作れたんじゃないだろうか…。もしそうだとしたら、その原因は、以前から言われてきた人手&時間不足という、「オトナの事情」なのでしょうか。


 さて、後半部分では「ライブイベントに未来はあるのか」というちょっと重いテーマなども出てきます。
こちらも、ぜひご覧いただければ嬉しく思います。

スポンサーサイト

Comment

2008.06.29 Sun 18:43  |  

後編まだー???

  • #-
  • まっちょ
  • URL

2008.06.29 Sun 20:04  |  

い、いくら食用の鳥(ニワトリ)の発見物がないからって
シチメンチョウとか………(;`ω´)。
…こっちのが高級じゃないのよ!(笑)

さておき、ログupおつかれちゃん!。
テンプレの便箋模様も手伝って見やすくてええの。(´ω`)

  • #-
  • pepe-GHP
  • URL

2008.06.29 Sun 20:59  |  

マッチョん>
もう記事は出来た!
夜中に投稿予約しといたぜ

ペペさん>
先ほどはありがとうございました。
写真は…探したんだけどなかったんじゃw
まぁ、ハミさんなんかマッパですよマッパ

  • #aeXHjovo
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
  • Edit

2008.06.30 Mon 07:45  |  

劇団が上陸した街でマルコポーロの情報が?調査する劇団員を手伝い劇を完成させろ!
次回、「マルコポーロ劇、マチュピチュ公演」お楽しみください!

って感じになりそうで怖いが…サーバごとに劇の内容を変えるってのは面白いね。
マルコポーロに限らず、多数の人たちが選択したものが答えになるイベントがあると面白いのにね。
海路で宣教師を大量に引き連れて順調にアジアへたどりついた(って答えでしたっけ)、マルコポーロ劇があってもいいかと。

  • #ZRUl.CKs
  • 児玉
  • URL
  • Edit

2008.06.30 Mon 19:08  |  

児玉さん>
マチュピチュ…
あそこって空気薄いらしいぞ

ほかにもいろいろ考えたんですよ
依頼を引き受けると「劇団調査員」っていう称号を選べるようになって、酒場に行くと「お、あんた あの劇団のに協力してるのか。コイツはサービスだぜ」とか。
いろいろアイデアってあると思うんですよ。
その点から言っても今回は、惜しかった…としか言いようがない。

  • #aeXHjovo
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。