スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色い香辛料のおはなし (後編)

 スペインの『パエリア』
 フランスの『ブイヤベース』
 イランの『チェロウ・キャバーブ』
 モロッコの『タジン』
 
 さて、代表的な料理の名前を挙げてみた。実は、これらの料理にはある共通点がある。
それは、サフランという香辛料が使われていることである。そう、マラガ名産のアイツのことだ。

黄色い香辛料のおはなし (前編)から)


 ラ・マンチャ地方の「マンチャ」という言葉は、アラビア語で「乾いた大地」という意味。この赤土が、サフランの栽培にはうってつけなのである。

 サフランもクロッカスの一種なので、植え付けは種ではなく球根から行われる。
サフランの球根

 前回の説明でも触れたが、早春に咲く観賞用のクロッカスと違って、秋に収穫するサフラン・クロッカスの植え付けは初夏に行われる。この植え付け作業も、もちろん人力。

 さて、秋になった。収穫の季節である。
ところで、一般にスパイス「サフラン」として用いられるのはどこの部位かご存知であろうか。それは「柱頭」、つまり「めしべ」の部分を乾燥させたモノなのだ。ちなみに下の写真の赤いのが「めしべ(柱頭)」、黄色いのが「おしべ(花柱)」である。おしべは特に、色つけの目的で使われるのだ。
サフランの柱頭


 そんなわけで、サフランの収穫作業というのは、サフランの花を摘み取ることから始まるのだ。家族・親族総出で畑に出てサフランの収穫をはじめるのだが、これがまた手間とコツのいる作業である。売り物となる柱頭を傷つけないように(傷つくとグレードが一気に下がる)注意深く、それでいて手早く花を摘み取るのだ。丁度いい部分でつまみ取りながら、テンポ良くパッパッと採取していくその業はもうプロ級!…ってプロでしたなw

 傷つかないよう、そして風が通るようにトレーに載せられたサフランの花は、次の工程に回される。
今度は、花を裂いて柱頭を取り出すわけだが、これも人の手で繊細に、しかも手早く行わなければならない。なぜかというと、サフランの花はつみ取られるとすぐにしおれはじめるので、その日のうちに柱頭の部分を取り出さないといけないのである。花を裂いて、3本の柱頭をめしべとおしべに分けていく。

 今度は乾燥の工程。
モスリンガーゼが張られたふるいに載せられた柱頭は、弱い炭火であぶることによって乾燥させるわけだが、これがまた熟練の業である。なにしろ、あぶる見極めを失敗して焦がしでもすればもう売り物にはならない。逆に乾燥が不十分だと、保管時にカビがついてしまい、やはり売り物にならないのである。完全に乾燥したサフランは、収穫時の20%程度までその重さを失うのだ。

 この工程を終えたサフランは光を通さないように袋に入れられ、倉庫にしっかりと保管されて、世界中の人々の元に届けられるのである。
 さて、今見ていただいたように、サフランの収穫がほとんど人手に頼ってることが、この香辛料を高価なモノとしている理由の一つである。

 ところで、500グラムのサフランを手に入れるためには、いったいどのくらいのサフラン・クロッカスの花が必要になるのだろうか。なんと、少なくとも7万5000輪の花をあつめてようやくそれだけの量になるらしい。1ヘクタールの畑で収穫されるサフランの柱頭は500kg、しかしそれが乾燥されて製品になる頃にはたったの9kg。これでは、取引額が高いのもうなずける。

 古代において、ある地域ではサフランを使った料理は、結婚式の時にしか使われなかったという。また、同じ重さの金よりも高く取引された時代もあった。残念なことに、DOLの中では金や宝石、東南アジアの香辛料と比べると、あまり儲けがでない交易品かもしれないが、忘れないでやってほしいものである。

(おしまい)



次回予告 「オリンピックは本当に『平和の祭典』なのか?」

 
スポンサーサイト

Comment

2008.04.14 Mon 23:49  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2008.04.15 Tue 16:48  |  

匿名さん>
あなたが食いつかれましたかw
アニメ化されたみたいですねぇ。びっくりしましたよ。

この前、最新刊買ったのですがこれがまたかなり甘くて甘くて甘くて…
帯の「武闘派バカップル」とか「ご健康のために購入をお控えください」という注意書きが理解できましたw
2冊目はほかの登場人物にスポットをってことなので、彼女たちが出てくるといいなと思ってます(でもたぶん玄田&折口ペアが出てくるような気が・・・)
ぜひ、今度詳しくお話ししましょう!!

  • #aeXHjovo
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
  • Edit

2008.05.24 Sat 06:18  |  

サフラン・・・大変勉強になりましたm(_ _)m

  • #mQop/nM.
  • ロビ
  • URL
  • Edit

2008.05.24 Sat 08:55  |  

ロビさん>
ありがとうございますw

全然関係ないんですが、「サフラン」と柔軟剤の「ソフラン」って似てますよね。なんか関係があるのかな

追伸:今調べたら、「ソフラン」は「ソフトでランランな気分」の略でした…

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。