スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宝島」に行ってみよう! (後編)

 FC2ブログにおいても、ウイルスサイトへ飛ばす悪質なコメントが流行中のようです。実際、先日もそうした疑いの強いコメントが投稿されておりました。 ブログ管理者としては、怪しげなコメントは出来るだけ削除するよう心がけておりますが、中の人の接続状況によってはすぐに対応できないこともあるかとおもわれます。

 とりあえず、コメント投稿時の画像認証機能を追加いたしました。
また、怪しげなコメントを見かけた際にはクリックされたりしないようお気を付けください。今後の状況次第ですが、場合によっては「httpをNGワードに指定」や「管理者の承認までコメントの非表示」などの対応も考慮に入れております。 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

-----------------------------------------------------
 今回とくに問題となっているものに、テンプレートの設定を改ざんし外部サイトに誘導するという手法があるそうです。

 これはどういうモノなのかというと、
<iframe src=”誘導先URL”></iframe>
<script src=”誘導先URL”></script>

というタグをテンプレートの中にこっそりと忍ばせるという作戦だそうです。この方法が悪辣なのは、ブログを訪れた人にはリンクしていることを悟られないよう(画面が表示されない urlがエンコードされているので意味不明の文字列である)に誘導先へと案内するため、シラナイ間にゲームのアカウントなどの個人情報が盗まれる可能性があるということなのです。つまり、ブログ公開者が知らない間に加害者になってしまう恐れもあるわけですね。

 自分のブログのテンプレートが改ざんされていないかをチェックするために、次のような方法が勧められています。
  1.管理画面で、「テンプレートの設定」画面を開く。
  2.現在使っているテンプレートの編集画面を開く。
  3.「CTRL+F」で検索画面を開き、検索キーワード「iframe」をチェック。
  4.同じく「script 」をチェック。
 もしも、ここで自分が入れた覚えのない一文が含まれていたり、意味不明の文があれば、それはテンプレート改ざんの恐れが高いということになります。

 以上、簡単にではありますが、今回のテンプレート改ざん騒動についてまとめてみました。なお、詳しいことは、FC2フォーラムなどでも取り上げられていますので、DOLのFC2ブロガーは一度目を通しておくべきかと思います。

 いくらネット社会は自己責任とはいえ、私たちの側が加害者となってしまう危険を考えますと、「わたしはよくわからないからしょうがない」ではなく最低限やるべきコトはやっておきませんとね。もしそういうのが原因で、ほかのDOLユーザーに迷惑をかけてしまうとしたらそれはとっても残念なことですから。

-ブロガーの側が行える対策-
・FC2のパスワードを予想されにくいものとする。可能なら、定期的に変更すること
・こまめにテンプレートのHTMLをチェックする など

-閲覧者側が行える対策-
・怪しいリンクは踏まない
・アンチウイルスソフトを使用する など


(追記:2008.04.04)
-----------------------------------------------------

 気がつけば、当研究室も10万ヒットを越えました。 これも一重に読者の皆様のおかげであります。
いろいろと至らぬ点があるかと思いますが、精一杯頑張っていきたいと思っておりますので、これからもなにとぞよろしくお願いいたします。

 前回のコメントにも残しましたが、大事なことなので2度言いましたとさ。


 続きは、宝島のモデルとなったココ島のおはなしです。
 「財産の保全」
 この問題こそが、人類社会が私有財産という概念と共に生み出された、いってみれば双子の兄弟のようなものだろう。富を手に入れたものは(その量が多いか少ないかに関わらず)、今度はその富を他者に奪われないようにすることに自分の労力を費やすのである。

 さて、それは他者から奪う立場である海賊たちも同じこと。そりゃそうだ、奪ったお金を銀行に預けるというわけにもいかんしのぉ。そして、海賊たちの場合は仲間の海賊たちに奪われることも気にしなければいけなかったらしい。これは、そんなある海賊団のおはなし。
 18-19世紀頃 このココ島を拠点に、"営業活動"を行っていたある海賊団がいたという。
なにしろココ島は食料いっぱい、水もいっぱい、夢もいっぱいと補給には困らない夢の島だった。ちなみに太平洋の場合は、鯨油を採集する捕鯨船もうじゃうじゃいて獲物には全く困らなかったらしい。獲物は船だけでなく、中南米の太平洋側の街もターゲットだったようだ。そんなこともあって、この海賊たちは、金銭的に結構潤っていた連中だったのだ。

 さて、その日も順調に営業活動を終えてほくほく顔で帰ってきた連中。アジトに帰ってきた連中は、今回の獲物から奪った略奪品の分配をはじめた。意外に思えるかも知れないが、大抵の海賊たちの間において略奪品の分配はきっちりとした規則に従って公平に行われていたらしい。我々が想像するような『船長独り占め方式』では、船員の不満も溜まるし、不満は反乱という形で容易に噴出する危険がある以上、略奪品はルールに従って公平に分け合った方が長い目で見ると賢い選択だと考えたのだろう。
んで、自分の分け前をもらった海賊たちは、自分だけにわかる場所にその宝を隠した。「人の隠し場所は必要以上に詮索しない。代わりに自分の隠し場所も内緒」という暗黙のルールというようなモノでもあったんだろうか。忘れないように目印を作ったり、いわゆる『宝の地図』をつくったり、とにもかくにも宝をココ島の各所に隠し終わったのだ。

 さて、宝も隠し終わり、船の補給も終えた海賊船は、再び大海原へと漕ぎだした。新たな獲物を求めて。
ところが、ここでアクシデントが起こる。船長と幾人かの船乗りとのあいだで諍いが起きたのだ。幸いなことに(?)反乱までには及ばなかったものの、船長はこのままでは自分の身が危ないと考えたのだろう。「この反乱分子どもをなんとかせねば・・・」と悩む海賊船長。かといって、おおっぴらに連中を殺してしまえば、船員たちの人望を失って反乱発生フラグ。どうする~ア○フル♪
そういう困ったときのお約束は、自分の手は汚さずに「他人に始末させる」というのが世の中のセオリーだったりしますな。この海賊船長が考えた作戦は、次に寄港した港町で自分に逆らう連中のリーダーたちを置き去りにしようというもの。置き去りにされた連中は英国海軍にでも捕まれば縛り首。もしそうならなくても、船からは厄介払いが出来るとでも考えたんだろう。この作戦は成功し、海賊船はリーダーたちを残して出港した。ぐっば~い~~ふぉ~えば~~

 ところがだ、この海賊船長はどうやらやりすぎてしまったらしい。
簡単に言えば、船長の悪名が高すぎたのだ。英国海軍は、捕まえた海賊たちを縛り首にするよりは、その復讐心をあおって船長たち一味を捕縛する作戦に出てしまったのである。まぁそんなわけで、海賊船長も捕まって縛り首になっちまったとさ (´・ω・`)ショボーン


 さて、連中は最期の航海に出る前に、ココ島に財宝を隠していたわけだ。残念ながらその財産は連中しか隠し場所を知らないわけである。ということは、いまもココ島のどこかに金銀財宝が山のように埋まってるんじゃなかろうか。あたかも、リスが冬眠前にドングリをあちこちにため込んでいたのに忘れてしまったみたいだなぁ。ということで、いろんな人たちがこのココ島に宝探しにやって来たわけである。元海軍軍人、老海賊、探検家等々。そんな連中は数人ではなく、少なく見積もっても数百人はいたらしい。なにしろ埋められたとされる財宝の総額は今のお金で数億円を超えるとされており、それらの人々の欲心をくすぐるには充分な額だろうから。で、この伝説をもとに書かれたのが、スティーブンソンの『宝島』という小説だったのである。

 ホーキンズ少年たちは海賊の財宝を見つけることが出来たが、今のところココ島では海賊たちの遺産が見つかったというニュースは報告されていない。もう既に誰かのものになってしまったのだろうか、それともいまだに人知れず眠っているのだろうか。

 もっとも今では、ココ島は世界自然遺産の一つであり、スキューバダイビングの宝島となっているそうですよ。なお、島に渡るには船で30時間はかかるそうですけどね・・・。
スポンサーサイト

Comment

2008.04.04 Fri 16:23  |  

テンプレ対策試してなにもなかったのでひと安心したショコラですw
ルクレさんのテンプレ対策の記事
うちのブログに紹介しちゃいましたm(__)m
最近ほんとなんかへんなコメントとか多くてこわいですよね^^;

2008.04.05 Sat 12:45  |  

syokoraさん>
ありがとうございます。
一応、これもやっておけば絶対に安心というものではなく、あくまでも気休め程度のものだそうですが。それでも、やらないよりはよいかと。
いろいろ書いておられる方々もいるのですが、なにしろ専門的知識のない私には難しすぎてとてもとてもw

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL

2008.04.08 Tue 02:16  |  

ためになる情報、ありがとうございます。
私も自身のブログ内でこのページのリンクを貼らせていただきました。

  • #-
  • オルサ
  • URL

2008.04.08 Tue 13:57  |  

オルサさん>
お役に立てたなら嬉しく思います。
今回の対策方法は、FC2ユーザーフォーラムで、以前にあったFF系ブログ等の改ざん&アカハック事件とその対策についてまとめてくださった皆様の情報を手短にまとめたモノです。(本当に感謝!)
ですので、さらに情報をお知りになりたければ、そちらの方を覗いてみるのがよいでしょう。
せっかく訪れてくださる皆様の安全のためにも、これからもお互い頑張っていきましょう!

  • #aeXHjovo
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。