スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガ○ックよりメガネっ娘? (前編)

謹賀新年


 前に書いた記事はクリスマスの記事…
 気がつくと、クリスマスも大晦日も正月も既に過ぎ去った模様です。一年が過ぎ去るのもあっという間のはずだ、こりゃ。光陰矢のごとし。

 そして、ついにFC2にスポンサー記事まで書かれてしまう始末。ここに来て、「さすがに放置しすぎたか・・・」と反省いたしました。といっても、前回の「半減期」のお話を書くほど気力も充実しておらず・・・ちょっと軽めの記事でお茶を濁そうかと(ゴニョゴニョ


 さて、つい先日のことですが、メガネを破壊しました。ええ、寝ぼけて自分で踏みつけたんです。自損です、ハイ。で、新しく作り直すことにしたのですが、できあがるまでの期間は昔使っていたのを引っ張り出して使うことに。えっと、学生の時のだから何年前? ひぃふうみぃ…あれ?片手じゃ足りないやオカシイナァ

 それはさておき、そんなこともあって「メガネ」の歴史を調べちゃいました。
 実は、メガネの歴史というのは、私たちが思っているよりも古かったりします。
たとえば、ローマ帝国の第5代皇帝ネロ(西暦1世紀)が、剣闘士の試合を見るために「メガネ」を使っていたという記録があったりします。もっともこれは、ローマの皇帝という財力に富んだ人だからこそ出来たものだったようです。なにしろ、このとき使われたメガネのレンズは、エメラルドを薄く削って作られたものだったようですから。しかし、この「宝石メガネ」も実際に視力を矯正するという点では、力不足だったようです。なにしろ、レンズには色がついていますし、まぁ現在のサングラスやオペラグラスのようにして使われていたのではないでしょうか。

 『ドクトル・ミラビリンス(びっくり博士)』の異名を持つロジャー・ベーコン。飛行機や自動車の登場を13世紀に既に予言していた、イギリス生まれの"早すぎた天才"も、メガネを自作して使っていたようです。彼は光学の研究もしていたので、ガラスの凸レンズが光を一点に集めるという特性に注目したのでしょう。論文集の中に、レンズを使って読書が楽になるという具体例についても言及しています。とはいえこれも、現代のメガネというよりはレンズを使って文字を拡大するという「虫眼鏡(ルーペ)」に近いものだったようですね。

 13世紀のヨーロッパは、メガネ文化(?)が一気に花開いた時代でした。
イタリアのフィレンツェには「メガネの父」の墓があります。その墓には、「メガネの発明者 サルビーノ・ダルメ・アルマティ」と刻み込まれています。彼がメガネをいつつくったのかには諸説(1285年説・1310年代説などなど)あるのですが、1306年のフィレンツェにあるサンタ・マリア・ノヴェッラ教会で行われた説法の中に、修道士のひとりが「メガネの発明者」について触れている記述からもこの時代近辺であったと考えるのが道理に合っているようです。ちなみにこれが、1285年説の元になっているお話です。
(余談になりますが、WIKIの「眼鏡」という項目にもこのエピソードが述べられています。ただ、そこの記述には「1306年2月23日水曜日朝にサンタ・マリア・ノヴェーラのフィレンツェ教会において行われた~」とあるのですが、これは「フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェーラ教会」の誤訳ですね。ノヴェッラ教会はドミニコ派の有名な教会にして、現存する世界最古の薬局です。ちなみに、日本では老舗の香水メーカーとして知られていますね。
本当に綺麗な教会です。ボク的には、同じフィレンツェのフィオーレ大聖堂の絢爛豪華・重厚よりもこっちのほうが好きかな。ぜひ、フィレンツェに行かれたときはお立ち寄りくださいませ。損はさせませんよw)


 16世紀になると、ヨーロッパでガラスやレンズの製造・加工の技術が一般化したこともあり、メガネや望遠鏡などの光学器械がブームになります。後に、大航海時代といわれるこの時代に光学関係の加工技術の高さで知られていたのは低地諸国-現在のオランダなど-でありました。ヴェネチアやニュルンベルグといった大都市においても、メガネ屋が繁盛します。また、「メガネ行商人」なる職業が生まれたのもこの時代であるといわれています。彼らは西ヨーロッパの各地を転々としながら、街の広場で露店を開き、裕福な市民たちにメガネを販売しました。露店で販売することからしても、この「メガネ行商人」というのは、どちらかといえば"見世物"に近い商売だったようです。きちんとした視力検査なども行われないまま、ガラスのレンズをはめこんだメガネを大勢の人々が買い求めました。といっても、人々がメガネをかけた理由というのは、「頭が良さそうに見えるから」という理由だったそうですがw

 では、次回は東洋でのメガネの歴史についてご紹介いたしましょう。

スポンサーサイト

Comment

2008.01.15 Tue 22:52  |  

謹賀新年~

メガネといえば、次回の運転免許更新時にはメガネ着用しろって言われそうだなー

  • #3un.pJ2M
  • uni
  • URL
  • Edit

2008.01.16 Wed 21:01  |  

引き出し多いなー相変わらず@@;
今年もバシバシ更新して下さい^-^

  • #-
  • エステバン
  • URL

2008.01.23 Wed 08:33  |  

ゴメンナサイ
出張&風邪&ダウンのコンボでお返事遅れました(吐血

uniさん>
今年もヨロシク
毎回の免許更新の時は、自分の身体の老いをとみに実感いたしますw
お互いに健康に生きましょうw

エステ先生>
今年も先生の御腕から生まれるであろう大作に期待大であります!
続きが読める日が待ち遠しい!!

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/394-f4d9bf34
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。