スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「箱船」探索の旅 (1)

 無事、ウルトラクイズが終わりました。
今回も、非常に大勢の皆様にご参加いただき、誠にありがとうございます。




 最近、『メシアの処方箋』という本を読んでみました。(いつの間にやら文庫版が出ていたようなので…)

ヒマラヤの氷河湖の中から古代の『方舟』がひょっこりと浮かび上がってきた。そして、その船の中から出てきたのは、蓮華模様が刻まれたふしぎな木簡の山。その木簡の正体を巡る、ストーリーが展開していく。
まぁ、ここまでの説明でもし興味をそそられたなら、ぜひ読んでみることをオススメする。題名の通り、遺伝子工学などに興味があれば、かなり楽に読み進めていけるとおもうよ。

 さて、それはさておいて。
このお話の中で出てくる『方舟』。
まぁ、『方舟』ときいて真っ先に思い浮かべるのは、『ノアの方舟(Noah's Ark)』だろう。
丁度、前々回のイースター島のおはなしでも引き合いに出したので、覚えておられる読者諸兄もおられることと思うが、このノアの方舟、実は現存する記録に出てくる最古の「船」だったりするのだ。

 いうなれば、大航海時代でみなさんが乗っている船のご先祖様!

 そんなわけで、この機会に「方舟探索」の歴史についてお話ししてみようかと思う。どうぞお付き合いくださいませ。


 ローマのバチカン。その中心部に、『システィーナ礼拝堂(Cappella Sistina)』という建物がある。少し前の、教皇選出の際に会場として使われたので、TVなどで目にされた方もおられるかも知れない。この天井に、ミケランジェロが描いたフレスコ画があるのだ。

 天地創造から始まって、旧約聖書の『創世記』中に出てくる、9つの場面を描いたものである。その中の一つに、"The Flood"、つまり「大洪水」というタイトルの絵があるのだ。もちろん、旧約聖書に出てくる「ノアの大洪水」の場面を描いたものである。

(バチカンミュージアムのサイトでは、この絵を見ることが出来る。
さらに、さすがカネモチ!というかJAVA使ってるので、ぐりぐり動かしたり拡大したりも出来るんだぞ!
http://mv.vatican.va/2_IT/pages/x-Schede/CSNs/CSNs_V_StCentr_02.html 【伊語】
http://mv.vatican.va/3_EN/pages/x-Schede/CSNs/CSNs_V_StCentr_02.html 【英語】)


 では、ここで、「ノアの大洪水」のおはなしについて、簡単なあらすじを紹介しよう。
 舞台は、最初の人間アダムから数えて9代目の子孫 ノアの時代である。

 人類は、「産めよ、増えよ、地に満ちよ」の言葉通りに、急速に増えていった。ところが、人口が増えてくるにつれて、困った奴らも増えてきたのだ。天使たちの幾人かが、「お!あの姉ちゃん艶っぽいな!!」とか言いだして、地上に降りてきて、子供まで作ってしまったのである。で、その子供たち、通称ネフィリムたちはもう好き放題やり始める。親の威光を笠に着て、飲むわ、食べるわ、奪うわ、殺すわでもうやりたい放題。で、それに便乗するやつらまで出てきて、もうてんやわんやの大騒ぎになってしまったのだ。

 主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。主は言われた。「わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけでなく、家畜も這うものも空の鳥も。わたしはこれらを造ったことを後悔する。」

 しかし、ノアは主の好意を得た。 これはノアの物語である。

-創世記6章5~9節 (日本聖書協会『聖書 新共同訳』)-
 で、神様は、ノアという人にこう命じられた。「キミはこれから、『箱船』を造りなさい」と。

 ノアとその家族、ノア夫婦に息子たち3人とその嫁、合計8人がせっせと箱船を造る。そして、動物・鳥などなどをつがいで集めて、食料その他も用意する仕事も並行して行われた。いよいよ、船が完成に近づいたときに、神様はノアにこういわれた。

 主はノアに言われた。「さあ、あなたとあなたの家族は皆、箱舟に入りなさい。…七日の後、わたしは四十日四十夜地上に雨を降らせ、わたしが造ったすべての生き物を地の面からぬぐい去ることにした。」

-創世記7章1,4節 (日本聖書協会『聖書 新共同訳』)-

 で、そのお言葉のとおりに、ノア一家が箱船に乗り込むと、雨が降り始める。最初、ポツポツと降っていた雨は、あっという間に豪雨になったのである。

 洪水は四十日間地上を覆った。水は次第に増して箱舟を押し上げ、箱舟は大地を離れて浮かんだ。 水は勢力を増し、地の上に大いにみなぎり、箱舟は水の面を漂った。 水はますます勢いを加えて地上にみなぎり、およそ天の下にある高い山はすべて覆われた。

-創世記7章17~19節 (日本聖書協会『聖書 新共同訳』)-
 で、40日間続いた大雨が降り止んだときには、箱船の中のノア一家以外の人はみんな死んじゃったのである。

 さて、雨がやんだわけだが、困ったことがひとつ。そう、水が引かなきゃ、ノアの一家も箱船の中の動物たちも、再び地面で暮らすことが出来ないわけだ。さてさて、困ったのぉ。ということで、雨が降り止んだものも、ノアと彼の箱船はぷかぷか水面を漂っていたわけである。

 その後の経過に関しては、また聖書を紐解いてみよう。
 神は、ノアと彼と共に箱舟にいたすべての獣とすべての家畜を御心に留め、地の上に風を吹かせられたので、水が減り始めた。また、深淵の源と天の窓が閉じられたので、天からの雨は降りやみ、水は地上からひいて行った。百五十日の後には水が減って、第七の月の十七日に箱舟はアララト山の上に止まった。水はますます減って第十の月になり、第十の月の一日には山々の頂が現れた。

-創世記8章1~5節 (日本聖書協会『聖書 新共同訳』)-

 言ってみれば、山の頂に箱船は"座礁"したわけである。
ここで、箱船が漂着した場所として名前が出てくるのが『アララト山』である。これは、後ほどの箱船探索の歴史の中で出てくるので、ぜひ覚えておいて欲しい。

 それから40日して、ノアは「そろそろ、地上の水は引いたかにゃ?」と考えた。とはいえ、自分が降りていくわけには行かないので、代わりにある生き物に探索させようと考える。それで選ばれたのが、カラスだったのだ。ところが、カラスは飛んでいってみてはみたものの、降りれる場所がなかったので、箱船にとっとと帰ってきてしまったのである。

 「カラスは、やっぱ役たたねぇなぁ」
そういったかどうか、ノアは次にハトを飛ばした。カラス君は、あえなくリストラである。でも、ハトもやっぱり帰ってきたところを見ると、水はまだ引いていなかったようである。

 それから7日たって、ノアは再びハトを飛ばしてみた。
水は大地から引いたのだろうか。再び、人類は地上で暮らすことが出来るのだろうか。
なんと、夕方に帰ってきたハトは、くちばしにオリーブの葉っぱをくわえていたのである。そう、これはオリーブの木が生えることが出来るほど、洪水の水が引いた証拠だったのだ。しかし、ノアは更に念を入れて、7日後に再びハトを飛ばしてみた。今度はハトは帰ってこなかった。それを見たノアは、大地から水は完全に引いたと確信したのである。

 さて、人類最初の「雨」がやんだ後には、これまた人類最初の「虹」が出たのだ。神様はノアとその家族にこう仰せになられた。
 「…わたしは雲の中にわたしの虹を置く。これはわたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。わたしが地の上に雲を湧き起こらせ、雲の中に虹が現れると、わたしは、わたしとあなたたちならびにすべての生き物、すべて肉なるものとの間に立てた契約に心を留める。水が洪水となって、肉なるものをすべて滅ぼすことは決してない。雲の中に虹が現れると、わたしはそれを見て、神と地上のすべての生き物、すべて肉なるものとの間に立てた永遠の契約に心を留める。」

-創世記9章13~16節 (日本聖書協会『聖書 新共同訳』)-


 こうして、人類は再び地上に増えていって今に至るのだ。めでたしめでたし。
 簡単に、「ノアの大洪水」伝説のあらすじをご紹介したわけだが、箱船探索の歴史にはいる前に、この大洪水伝説の謎に迫ってみようと思う。

 乞うご期待!



注:今回のコラムの内容は、聖書の中に出てくるおはなしを題材にしているため、何度か「新共同訳 聖書(日本聖書協会発行)」から引用してみる機会があるかと思います。ということで、最初に著作権表記をしておきますね。

(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988
スポンサーサイト

Comment

2007.10.10 Wed 11:54  |  ブログ移動のお知らせ

本日に訪問させていただきました。
実はこちらが夢幻ゲームショップブログを移動しました。よろしければ是非遊びに来て下さい。 o(^0^)o   http://blog.livedoor.jp/mugen001/
…ちなみにこちらは色々なネットゲーム通貨取引のサービスを運営しています。
http://www.rmt-trade.com   
これからどうぞよろしくお願いします(*′ `*)

2007.10.11 Thu 10:20  |  

また性懲りも無く書き込まれてるわ!w
うちにもヘンなトラックバック貼られまくってんのよねー。

次回も楽しみにしております^-^

  • #-
  • バン子
  • URL

2007.10.14 Sun 16:37  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2007.10.15 Mon 09:48  |  

エステくん>
広告はねぇ・・・
またブロックリスト作り直そうかなぁ。。。
一応、TBは承認後のみ表示にしてるせいか、すくなくなったんだけどねぇ。
頑張って書きます!!

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/378-ffcd652f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。