スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラパ・ニュイ島に行ってみよう!』 (5)

 当ブログでも使わせていただいている、FC2さん。DOLのブログ書きの方も、結構ユーザーがおられるようです。
で、FC2のほうでブログ構造を見直したそうで、これからはかなり軽くなるそうな。
まぁ、編集画面の方も新しくなったんですが、こちらの方はまだまだ改善の余地ありのような気がいたします。
 ついでに、「自動でブログを更新してくれる機能」とかつくといいんですけどね(ぇ?
 じゃぁ、今日のテーマ 「ラパ・ニュイ島は、なぜ滅びたのか!?」は続きからどうぞ。

「この荒涼たる島の第一印象はというと、不毛と貧困という感想のみである。」
-ヤーコプ・ロッヘフェーン(Jacob Roggeveen)-


 1722年、オランダ西インド会社からの命を受けたヤーコプ・ロッヘフェーン提督の艦隊は、アメリカ大陸南端を回り、東南アジアへと太平洋をひたすら西へ向かっていた。その途上、艦隊はある"奇妙な島"を発見したのである。

 その小さな島に住んでいたのは、わずか2000人ほどの人たちだった。まともな樹木も生えていないこの島に住んでいた彼らは、二つのグループに分かれて洞窟で暮らしていた。反目していたこの二つの氏族は、お互いの姿によく似た石像を倒そうと躍起になっていた。そう、この石像こそが『モアイ』なのである。

 ロッヘフェーン提督は、現地の人が『ラパ・ニュイ』と呼んでいたこの島に、新たな名前を付けることにした。丁度、キリスト教の祭日「復活祭」の日に発見したことから、この島を『イースター島』と名付けたのである。
 エジプトのピラミッドに代表されるような、いわゆる「巨石文化」、つまり大きな石を積み上げて建物などを創る文化が生まれるためには、いくつかのポイントとなる要素が必要なんだ。

 まず、花崗岩や火山岩、大理石など、材料となる石が豊富にあること。出来れば、適度に固く、それでいて加工が容易な柔らかさもあれば申し分ない。

 で、もう一つの要素というのが、木材が豊富にあることなんだ。
「石の文化の話をしているのに、なんで木材が?」って、思うかも知れないけど、実は木材は石造り建造物に欠かせない要素の一つなのだ。石を運ぶ際の「ころ」や「木船(木製のソリ)」として、また石を積み上げる際の足場としてなどなど。

 ラパ・ニュイという島には、たしかに火山岩がゴロゴロしており、モアイの材料となる石材には事欠いていない。
ところがだ…この記事のはじめに述べたように、ラパ・ニュイ島には生えてないのである、木が。

 では、どうやってモアイ像はつくられたのだろう。
 ここで、「そうだ! だから、モアイは宇宙人が作ったに違いない!!」と叫ぶのは、『ムー』だの『なんたら超古代文明』だの、いわゆる超常科学主義に毒されすぎだw

 じゃ、もう少し科学的に検証するにはどうしたらよいのか。考古学だけでは十分ではない考察も、他の学問、たとえば「古生物学」や「土壌学」といった他の分野の研究を組み合わせると明らかになってくる。

 実は、このラパ・ニュイ島の樹木の謎を解く鍵になったのは、本当に小さな「花粉」の存在だったのだ。

≪続く≫
スポンサーサイト

Comment

2007.09.04 Tue 08:41  |  

>ついでに、「自動でブログを更新してくれる機能」とかつくといいんですけどね(ぇ?

つ ブログペット

石の加工はやわらかすぎず、硬すぎずが一番楽です。斑レイ岩などだと硬すぎるので、技術力がいまひとつの頃はやりづらい。実際今でも黒系(斑レイ岩や閃緑岩系)より白・灰色系(花崗岩や安山岩、凝灰岩など)のほうが加工賃低いというのが一般的です。ちなみに花崗岩は中世だとかなり加工がしづらい部類でしょう。文字通り「加工が巌」お後がよろしいようで。
ピラミッドの製作方法の話は知っていたのですが、モアイの話は知らないので、後の話期待してまってます。業者として話の種になるww

  • #mQop/nM.
  • 鉄刀木@会社
  • URL
  • Edit

2007.09.04 Tue 16:06  |  

鉄刀木さん>

ダレガウマイコトイエトww
なんと、石屋さんでしたか!

花崗岩って言うと、御影石のことでしたよね(うろおぼえ)

実は、日本って木造建築が主にみえますが、石垣工事などの建設もあって、石細工の技術が結構盛んだったとか。
石切場といえば、日本だと、豆州(今の伊豆)が有名でしたよね。千代田のお城の石垣も、たしかここいらあたりから切り出されたはずです。

あと、ご存知だと思いますが。
エジプトでは、石を切り出す際に、楔を打ち込んだあとに、ロープに水をしみこませてその膨張する力でまっすぐな石を切り出したんだとか。うーむ、すごいですねぇ。

ちなみにモアイの原料は、タフだったそうです。

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/367-70877576
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。