スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラパ・ニュイ島に行ってみよう!』 (1)

その島は、『テ・ピト・オ・テ・ヘヌア』と呼ばれています。
日本語に訳すと、『世界のおへそ』という意味。

この島の正式な名称は、『ラパ・ニュイ(Rapa Nui)』。

住んでいる人は自分たちのことを、島の名前と同じく『ラパ・ニュイ』と呼ぶ。

島の人が話す言葉も、『ラパ・ニュイ』語。

『ラパ・ニュイ』という言葉は、「広い大地」という意味なのだ。


 とはいえ、この『ラパ・ニュイ島』、島の全周が60km、面積は約170平方キロメートル。
同じくらいの広さの場所を比較に出すと、(WIKIによると)北海道の利尻島、あとヨーロッパの小国リヒテンシュタインもそのくらいかな。まぁ、ぼちぼちの広さだが、とりたてて大きいというほどではない。
というか、リヒテンシュタインが小さすぎだな、オイ!

 この島を有名にしているのは、次の二つの理由なのだ。

 その一つめの理由は、この島が「浮かんでいる場所」と関係がある。

 この、ラパ・ニュイ島。南太平洋に浮かんでいる島であり、国でいえばチリに所属している。
もしもこの島の人が、「(チリの首都である)サンチャゴの街に行こう」と思ったら、果たしてどのくらいの距離を移動しなきゃならないのだろうか? 
なんと、答えは3790km!!
(ちなみに、サンチャゴの近くにバルパライソという港町があるが、たぶん次のアップデートで出てくると思うよ!)

 じゃぁ、東に行くとどうなるか。
じつは東に行くと、この島からもっとも近いお隣の島、タヒチ島につく。で、この距離がさっきと同じく4000km。

 参考までに…4000kmというと、東京を基点としてベトナムあたりまで軽々行っちゃうくらいの距離なのだ。

まわりに島なんぞはない!!


 そうなのだ!
 この『ラパ・ニュイ島』は、「絶海の孤島」なのである!!




 この島を有名なものにしているもう一つの理由は、この島にある石造彫刻物だ。
モアイ!

そう! モアイである!!

 もう、お分かりになっただろうか。

 『ラパ・ニュイ島』とは、渋谷の駅前広場のことだったのだ!!





 あれ?
 滝野(北海道・札幌)だっけ?
 サンメッセ日南(宮崎県)だっけ??



ゴメンナサイ
ほんとうは、『イースタ島』のことです…


【次回へ続く!】






 ご心配をおかけしましたが、なんとか落ち着いております。神様からご褒美も貰ったしね。まぁ、無理せず気長にいこうと思いますわ。
あんまし考えすぎても、落ち込むだけだしね。
こういうときは、「陸戦」とかの単純作業が向いていると思いましたw;
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/361-ca4ce4b6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。