スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸の旅も大変だ! (2)

昨日から大海戦が始まりましたね。
私は、全然 戦力になりませんので(威張るな)カリアリ前で、プカプカ浮いておりました。
初の大海戦、感想としては…楽しかったですよ♪
ただ、その後の反省会の内容に関しては…(ごにょごにょ
 少し前に流行った「王国メソッド」というやつを思い出しましたw
さて、 前回は旅行が大変つらい物であったこと、その理由の二つについてお話しましたね。

では、ここで質問です。
13世紀のイギリスでは街道沿いの垣根やヤブなどは、道の両側の60cm(200フィート)を焼き払うことが、法律で定められていました。それはいったいどうしてでしょうか?

ヒントはこの写真w

うぎゃぁ~たすけてくれ~~ぇ
 正解は、「追い剥ぎや山賊が出没するため」でした。
街道沿いの見通しが良ければ、奴らが潜んでいてもわかりますからね。
特に徴税を終えて都に帰る会計官や僧侶なんかが標的となりました。

 また、この「追い剥ぎ」の多発は現代の私たちの周囲にもその名残が見られるんですよ。
当時、旅人は追い剥ぎの襲撃を警戒して武器を携帯していました。
いざというときに右利きの人が刀を扱うときは、右側が空いていないと困りますよね。そのため、自然と左側を歩くようになったということです。
では、なぜこんなに山賊や追い剥ぎが出没することになったのでしょうか。
イングランドの伝説上の義賊で、ロビン・フッド (Robin Hood) という人がいます。
アウトロー(outlaw)[女性なら"waive"]」として知られていますが、この語の意味はいわゆる「無法者」ではなく、「法の保護が停止された人」という意味になります。分かり易く言うと、これらの人が殺されても警察は殺人罪とみなさないし、財産が奪われても対応しないよということですね。

話を元に戻しましょう。
ロビン達はシャーウッドの森を舞台に、仲間達とともに悪徳代官に抵抗した人でしたが、この人について考えると先ほどの答えを理解する助けとなることでしょう。
まずはじめに、ロビン・フッドの伝説の時代背景について考えてみたいと思います。
時は13世紀。
騎士道精神が誉めそやされた、十字軍たけなわの時代でした。
そのころ、イングランドの王位についていたのはプランタジネット朝第2代イングランド王 リチャード1世。のちに「獅子心王(Lion hearted)」として知られることになるお方です。
コレですな、コレw

この方は騎士道精神にあふれたお方だったので、さっくりと第3次十字軍(※1)に参加して、自分の領土を離れてしまいます。

で、その空になったイングランドでフランスにそそのかされて蠢動するのが、リチャードの不肖の弟「欠地王 (Lackland) ジョン」でした。このお方は、のちにカンタベリー大司教の任命権を巡って、ローマ法王と争い、その怒りをかって破門されるという事件を引き起こします。まぁ、謝罪して許してもらえたのですが、その際にイングランド全領を法王に献上し、改めて王に任命されるという、教会の権威を強めることに一役買ってしまいました。また、フランスに持っていた領土も戦争で失い、それでも懲りずに出兵…ウン、コマッタネ
こういった失政の数々がのちに「マグナ・カルタ」へとつながるのですが、それはまた別の話。

まぁ、そういった社会の動乱や戦争が多々あったりしますと、自然と食い詰めてしまったり家族の働き手を失った人などが出てきます。
また、上がしっかりしていないと役人たちも適当に過酷な統治を行おうという人が出てきて、社会の混乱に拍車をかけることになりますよね。そうした、被害にあった人たちが自分の住処を離れざるを得なくなり、糧を得るために旅人を襲ったりすることになりました。
村の城壁
【中世において、村の城壁は居住区を外界と隔てる"聖域"の役割を果たした】


そういえば、15世紀にフランスの国土で、オオカミが増えてパリのノートル・ダムに「オオカミ王クルトゥー(※2)」が侵入したのも、戦争が続いて死体が増えたのも理由だったし、やっぱり社会の混乱が続くと人の心も周囲の環境も荒むんですよね。ううむ、恐ろしい。

ぜひとも、旅人が気楽に旅に出れる世の中になってほしいものです。
※1:第3次十字軍
 イスラムの英雄サラディンに奪還されたエルサレムを、再奪還するために(ヤヤコシイ)編成された十字軍。結局、エルサレム奪還は失敗するが、アッコンを確保することによって、エルサレムへの巡礼がその後も可能になった。ルクレの中の人は、西欧諸国の王より、サラディンのほうがよっぽど聖人だと思うw

※2:オオカミ王クルトゥー
 シートン動物記に出てくる、オオカミの群れの長。騎士ボスワリエと壮絶な戦いの末、相打ちとなる。ルクレの中の人は、子供の時この話を読んで眠れなくなりましたw
スポンサーサイト

Comment

2005.11.20 Sun 15:10  |  

大海戦の伝令係 ありがとうです。。

無理に頼んですみませんでした・・・

戦う側としてもっともっとがんばります・・

  • #-
  • ミーク
  • URL

2005.11.21 Mon 13:14  |  >ミークさん

いえいえ、楽しかったですよw
初めての大海戦で、それも普段模擬とかも参加しないくせに、大役をいただいてしまい、みんなにも迷惑をかけてしまったと思います。

でも、これもゲーム。
何とか勝てたしよかったねww

  • #-
  • ルクレッツィア・ロッソ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/33-232e7ad2
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。