スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸の旅も大変だ! (1)

最近、商館荒らしが増えているようですよ。年末だしね♪(関係ない)
商館を倉庫にしている方は、ご注意をw
その時、家政婦は見ていたのか!?


さて、1世紀 帝政ローマ時代の旅についてお話ししましたが、今度は中世の旅について考えてみましょう。
いやぁ~びしっと検索しようとしたんですが、「中世 船旅」とかで検索すると、出てくるのは「中世の面影を残す諸都市 周遊20日間 船の旅」とかばっかなので、ちょっと困ります。あとは、「大航海時代オンラインの中世船旅で~」って、『それは航海記録です!』orz

ということで、今日のお話は中世の旅も危険だよ、ってお話です。
街道を歩いてきた旅人が、村や町に近づくとまず目に入ったのは教会の鐘塔でした。旅人は、長くて過酷な旅路を思い出し安堵のため息をついたことでしょう。
清貧を旨とするのに…けしからん!(w
【何処の村でも、一番立派な建物は教会でした】

しかし、中世のヨーロッパの旅は本当に危険でやっかいなものでした。
英語では旅行のことを"travel"といいますが、この語はラテン語の"travail"からきています。この単語の意味は「仕事、労働、苦痛を伴う骨折り」、つまり旅は非常な労苦を伴うものでした。
でも、それはなぜでしょうか。

 まず第一に、街道が整備されていないこと
 古代ローマがインフラ整備、特に軍団移動のための街道網の整備を最重要なものと見なしていたのとは対照的に、中世ヨーロッパの街道は惨憺たる状態にありました。なにせ、古代ローマで造られた街道は今でも手直しされて、イタリア国内の高速道路となっているくらいですから。
石できちんと舗装が行われていたローマの道とちがって、土を踏み固めただけの道は、夏は埃っぽく、雨や雪の日はぬかるんだことでしょう。
特にフランスなどは、オオカミなどの危険な野生生物もいっぱいいました。

 街道の整備されない理由としては、旅をする人が少なかったこと。
 というか、まともな「普通の人」は自分の生まれた村から出ることなく死んでいった時代です。旅をするのは、ロマや旅商人のような人々か、もしくは裕福な王侯貴族だけでした。
それに、税を徴収する側の領主にすると、民が勝手に自分の領地から出て行くのは困ったことですね。ですから、許可を申請する必要があるところも多数ありました。そして、その際には厄介な手順や賄賂が必要だったのです。
この領主たちは、旅先でも旅人にとって厄介な障害になります。
それが、2番目の問題点、数の多い領主と税金の存在

旅人が支払わなければいけない税にはこのようなものがありました。
 まず、徒歩の人も支払う通行税として「徒歩(かち)税」
 荷車に対してかけられる「車税」
 荷船などで、河川を使用する場合には「河川税」
 橋を渡るのに必要な「橋税」
 橋の架けられていない浅瀬を渡ると「浅瀬税」
 などなど…

これらの税金は、市場税と同じく領主の貴重な現金収入となりました。
例えば、14世紀のドイツ国内には「ライン川に64、エルベ川に35、ドナウ川に77」もの通行税の徴収のための詰め所が設けられていたと言われています。
いまの古城街道やロマンティック街道のお城のほとんどはその名残ですね。

当然、商人たちが商品を運ぶ際にも高い関税や道路使用税が取られていたわけですから、それらの費用は商品の値段に反映されることになります。
また、地方領主はその地方で絶大の権威を有していたので、無法というか無茶を通すこともありました。例えば、14世紀には「道路は領主の物ゆえ、道路に落ちた物も領主の物である」という法律がまかり通っていたそうな…

では、次回は「追い剥ぎの危険」や、いわゆる「アウトロー」といった人のことについてお話ししたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

2005.11.18 Fri 13:18  |  追記:


脚注をつけ忘れたんですが。

「ロマ」とは、ヨーロッパを放浪していた音楽や芸事に秀でいた民族集団のこと。ロマという言葉には「人間」という意味があるそうです。

一般に「ジプシー」と呼ばれていた人たちのことです。このジプシーという語は「エジプト人(エジプシャン)」から来ているそうな。でも、本当はインドから来ていたのですよ。

  • #aeXHjovo
  • ルクレッツィア・ロッソ
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/32-eb1f33ec
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。