スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【目指せ!】ウルトラクイズ問題解説(2)【予選突破】

 セビリア予選を勝ち残った通過者20名+敗者復活4人の合計20名が、次にやってきたのはマディラ。

 このステージでは4択問題20問を回答し、そのポイントが高い順に次のステージへと進むことが出来る勝ち抜けルールであります。
で、選択肢③の看板役はというと、わたくしルクレw
やっと出番が出来たとか…。

じゃ、さくっとマディラの問題解説!


<第2ステージ マディラ>


第4問
 アマゾン川に生息する水生動物で、絶滅が危惧されている草食性の海棲哺乳動物(かいせいほにゅうどうぶつ)は次のうちどれか?

1:ドゴン 2:マナティー 3:ジュゴン 4:ミキティー

正解:[2]マナティ  (予想正答率 54.7%)


~解説~
 いわゆる『人魚伝説』のモデルになったのが、このマナティを含むジュゴン科の生き物たちでした。
同じジュゴン科のジュゴンとは、尾が分かれているか(マナティはヘラのようだが、ジュゴンは二つに分かれている。)や、頭部の形の違いによって見分けられます。

 マナティは、ジュゴン(海牛)目マナティ科に属するほ乳類であります。マナティ科には大きく分けて3種類の仲間がいますが、この問題に出てくるのはそのうちのアマゾンマナティー(Trichechus inunguis)です。とてもおとなしい生き物であり、また海水でも淡水でも生きられるため、アマゾン川の河口付近に住んでいます。

 ジュゴン科の和名は、海の牛と書いて『海牛』。
その名の通り大きな体を維持するために、一日の大半を海底に生えるアマモや海草を食べて暮らしています。
近年、乱獲や船舶に巻き込まれる事故、また自然環境の破壊によって急速に数を減らし、絶滅危惧種の一つとして将来が心配されているのは残念なことです。

~裏話~
 よく似たジュゴンは太平洋からインド洋に生息していることから、引っかけ問題の一つとして入れてみました。
 『マナティ』と『ミキティー』、『ジュゴン』と『ドゴン』がそれぞれ類例用語として、選択肢に入っています。まぁ、『ミキティー』はあくまでウケ狙いでしたので、陽の目を見て良かったな、とw
今回のウルトラクイズ、この問題がウケただけで私的には充分でした。

 ちなみに今ログを見直していると、「5番にウナス」ってSAYが結構あったのね。まぁ、それでも良かったかw

第7問
 南米酒場メニューの一つ、「トウモロコシの粉と乳を加熱し、シナモンで風味付けした飲料」とあるのは次のうちどれ?

1:タカカ 2:アサイジュース 3:プルケ 4:アトーレ

正解:[4]アトーレ  (予想正答率 68.5%)


~解説~
 南米酒場メニューの一つ。システム系問題として追加しました。それにしても、南米の料理相場はちょっと高すぎ><

~裏話~
 この時、一番人気があったのは実は③のプルケ。
 で、話が出たのが…『実は(人が集まるのは)看板役の人の人気じゃないか!』と。やっぱり私の魅力にウワ何をする!ハナセェェェエエ
第10問
 14世紀のアラビアの有名な冒険家、イブン・バットゥータ。DOL内の冒険クエストにも登場する、彼の著作『○大陸周遊記』。○に入る数字はなに?

1:二大陸 2:三大陸 3:四大陸 4:五大陸

正解:[2]三大陸  (予想正答率 78.2%)


~解説~
イブン=バットゥータ
 本名が、アブー=アブドゥッラーフ・ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ・イブン=ムハンマド・アッ=ラワーティー・アッ=タンジー、って「長ぇよばーか」って言いたくなるくらい長い、14世紀モロッコ生まれの旅行家。でも本職は法律家っていうよく分からない人でもある。
 で、この人が21歳から約30年間かけて、エジプトから中近東を経て中国に行き、帰ってきたと思ったら、イベリア半島(イスパニアあるところ)の方やサハラ砂漠までいった旅の記録を、口述筆記した本が、これもまた長いタイトルの『諸都市の新奇さと旅の驚異に関する観察者たちへの贈り物』。
まぁ、あんまり長いもんで誰も正式名称を言わず、『バットゥータの冒険記』とか『三大陸周遊記』と呼んだとか。私的には結構好きな御仁の一人。

裏話
 ログ確認すると、この時にウチの商会で盛り上がっていた話題はというと、なぜか「段ボール組み立て3級」というおはなし。本当にあるんですか、じ○さん?
第14問
 冒険クエストで“セバルド島”の近辺で見つかる生物で、『伊達男』という意味の名をもつ「○○○○ペンギン」。この中に入る言葉は、次のうちどれ?
1:アデリー 2:マゼラン 3:ロイヤル 4:マカロニ

正解:[4]マカロニ  (予想正答率 45.6%)


~解説~
 んなもん知らないよねw
 名前の由来は、18世紀のイギリスでちょっと小粋なイタリアンスタイルでキメた人たちのことを『マカロニスタイル』と呼んだことから。
生息地域はこのゲームの地図で言うと、アルゼンチン海盆からケープ海盆にかけての範囲。目の上にオレンジの羽根がついている、キュートでにくいアンチクショウ、それがマカロニペンギンなのだ!

 残念なことに、そんなお洒落な彼らも絶滅の危機から逃れることは出来ず、過去40年間で20%以上というカナリヤバイ勢いで激減しているという。そのため、国際自然保護連合(IUCN)作成のレッドリストでは、VU(絶滅危惧・危急)に指定されてしまった。なんとしても、持ちこたえていただきたい生き物の一つである。

~裏話~
 ペンギン好きとして、なんとしても入れたかった問題の一つ。それ以外言うことなし!!
第15問
 冒険者といえば、よくお世話になるのが書庫。では、この時代主流だった修道院などで造られた筆写本(ひっしゃぼん)に、「虫除け・虫食い防止」の目的で塗られていたものはなに?

1:ブタのオシッコ 2:ベニバナ 3:金箔 4:水銀

正解:[3]金箔  (予想正答率 23.3%)


~解説~
 これはちょっと難しかったと思う。
選択肢に「ブタのオシッコ」を入れてみたのは、昔は化粧品で使っていたというのを、前に読んだ本(ソース不明)で見た記憶があったからなんですが…本当かしらん?
通過用 足切り問題
 日本でも数年前に「ウーパールーパー」の名前で大流行した○○○○サンショウウオ。中に入る国名はなに?
1:アメリカ 2:メキシコ 3:フランス 4:ブラジル

正解:[2]メキシコ  (予想正答率 79.7%)


~解説~
Ambystoma mexicanum(Axolotl)
 わくわくどうぶつランド世代には、お馴染みなウーパールーパーくん。

 正式名称は、両生綱-有尾目-イモリ亜目-アンビストマ科-マルクチサラマンダー属に属するメキシコサラマンダー(もしくはメキシコサンショウウオ)。日本では『アホロートル』としても知られています。
ただ、このアホロートルというのは本来、アンビストマ科のネオティニー(幼形成熟種:本来は幼生から成体に変態するはずのものが、幼生の特徴を残したまま成熟してしまうこと。)全般を指す用語なので、『メキシコサンショウウオ=アホロートル』じゃないのは覚えておこう。
また、『ウーパールーパー』というのは、アルビノ(色素欠乏)によって白や黄色になっている個体を指します。

 さて、この子たちも絶滅危惧種になっており、野生種の売買はワシントン条約の規制対象になっているわけですが。絶滅の理由の一つが、「食用の為の乱獲」って…喰えるんか…。
 ということでマディラステージで使われた問題は、計6問。

 通過者たちは、次のアゾレスで○×どろんこクイズに挑戦します!
スポンサーサイト

Comment

2006.11.30 Thu 11:33  |  

まだまだ、問題解説は続くと思うので、お礼も含めたコメントはまたあらためてと思いますが、ひとつつっこみ。
マディラ第4問の選択肢に「5:ウナス」を入れていたら、それも“希少種”なので、正解にしておかないとダメだと思います(笑)。

2006.11.30 Thu 12:55  |  マディの、通過す

マディの、通過するつもりだった?

  • #-
  • BlogPetのリモーネ
  • URL

2006.12.02 Sat 11:55  |  

またブログの名前変わってる!

  • #-
  • アウストラ
  • URL

2006.12.02 Sat 20:20  |  お返事>

リンクさん>
リンクさんこそお疲れさま。
とにかく終わって良かったですw
∈(゚◎゚)∋は希少種だったのかw

アウストラさん>
ほら12月だしw

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL

2006.12.08 Fri 13:29  |  きのうは解説しな

きのうは解説しなかったー。
セビリアで合計しないです。

  • #-
  • BlogPetのリモーネ
  • URL

2006.12.15 Fri 11:38  |  ポイントへ進むん

ポイントへ進むんだよー、しってるよー♪

  • #-
  • BlogPetのリモーネ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/282-d2d5e5ff
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。