スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂糖帝国へようこそ (2)

スクープ!!
これが猫教団の真実の姿。教団の実態は金儲け!?


これが、●教団の真実の姿っ!

 これは、編集部が独自に入手した内部情報である。この場に居合わせた情報提供者の話をもとに、発言について検証してみよう。
 情報提供者の一人L氏によると、この発言は商会メンバーの一人が、自分の友人がDOLに復帰した、という情報を商会チャットで漏らしたところから始まったようだ。それに対しての教団幹部と教祖の会話からすると、新規取り込みキャンペーンは経済力が大きな役割を占めていることが分かるだろう。
 他にも編集部には、「退団時に高額の足抜け料を要求された」との情報も寄せられておりさらに検証が必要であると考えられている。
タベラ枢機卿のお膝元であるセビリア。確かに、外から見れば平和な世界がそこに広がっていることであろう。
しかし待ってほしい。本当にそれでよいのであろうか。
このセビリアの地にこのような悪しき集団が暗躍している事実に、セビリア市民は一日も早く気がつくべき時が来ているのではなかろうか。

 というのは冗談なのですが、今月いっぱいをもって「猫教団」商会を一時抜けることになりました。あまりの居心地の良さに当初の予定を大きくオーバーしてしまっていたのですが、そろそろ放浪生活に戻ろうと思っております。
 さて、先日はマデイラ諸島がポルトガルにとって非常に重要な役割を果たしていた事についてお話しいたしました。 前回のコラム
では、もうすこし「砂糖」の歴史について掘り下げて調べてみることにいたしましょう。

 「砂糖」と一口に言っても、実はその材料には様々なモノがあります。
・サトウキビ 砂糖生産量の6割がサトウキビから作られています。
サトウキビはイネ科サトウキビ属に属する植物であり、東南アジアやニューギニアの熱帯雨林地方が原産地と考えられています。

・テンサイ(シュガービート)
 いわゆるサトウダイコン。
 元々は動物のエサとして栽培されていたビートでしたが、1745年にビートから砂糖を作ることに成功しました。その後、ナポレオンがイギリスとの貿易を禁じた(大陸封鎖令)ため、ヨーロッパに砂糖が入ってこなくなったこともあって爆発的に製法が広がりました。現在では世界の砂糖生産量の4割が、テンサイから作られていると考えられています。
 日本では北海道が有名ですね。

・サトウカエデ メープルシロップの原料。
 これを元に作られた砂糖は、メープルシュガーといいます。

 他にも人工甘味料とよばれるモノもあります。
これは、科学的に合成した物質を使って甘みを出すというものですが、砂糖を使っていない分安価になるという利点があります。有名なところでは、ガムでお馴染みのキシリトール(xylitol)やサッカリン(saccharin)があげられるでしょう。また、過去にテラトジェネシスの危険性や発ガン性が指摘されたため回収騒ぎが起きたチクロ(シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウム。現在では日本では使用が禁止されている。)も忘れてはなりません。
 今でこそ「甘いお菓子」があふれている世の中ですが、かつては甘い物というのは非常に貴重品であり、私たちの生活にも大きな影響を与えてきたものです。例えばある地域では、挨拶として貴重な砂糖を贈るという習慣を持っている国もあります。また、かつての日本では甘味を得るために草の根っこを囓ったりしていた、という話も聞いたことがあります。

 糖分が大きな役割を持っているのは、お菓子の世界だけではありません。例えば「5プロ糖」と呼ばれるブドウ糖は医療現場でもよく用いられているものの一つなのはいうまでもないことです。

 では、このように万能選手な砂糖はどうやって私たちの社会に入ってきたのでしょうか。次回はそのことについてお話しいたしましょう。
(続く)
スポンサーサイト

Comment

2006.10.11 Wed 16:49  |  

教団の実態というより教祖の実態だねw
しかも公然の秘密の類だしっww

ところでまた放浪続けるのね。
教団に骨を埋めるつもりかと思ってました^-^

  • #JalddpaA
  • ロンゲ
  • URL
  • Edit

2006.10.12 Thu 08:17  |  お返事>

クフフフ
確かに公然の秘密かもw
イベントでは「ルビーヨコセ」とかカリカットで言ってたしねぇ。

それよりも、六分儀ヨコセッ!

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/266-6da02c9d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。