スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲に目がくらんだ王様のはなし(後編)

落ち込んだりもしたけれど、私は元気です…

The shrine of inscription

 ディオニッソスから「手に触れた物を、なんでも金に変える力」を得たミダス王。

 ところが王宮に帰ってきて、家族や家臣たちにこの能力を見せびらかしていたミダス王ですが、しばらくして大変なことに気がつきます。

 それはディオニッソスが『厄介な能力』と看過した理由だったのですが、皆さんはそれがなにか分かりましたか?

というお話しの続き…

 自分の宮殿に帰ってきたミダス王。
奥さんが「おかえりなさい。お風呂にする?ご飯にする? それとも、わ・た・し?」と言ったかどうかは分かりませんが、とにかくご飯にすることにしました。

 ところが…いざ食べようと、パンに手を伸ばせばパンは黄金に。魚料理も、肉料理も、果物も野菜も全てが金に変わってしまいます。果ては、ワインですらどろどろとした黄金になって咽を流れ落ちる始末。そりゃそうだ、だって手に触れるもの全てが金に変わってしまうんだもん。

 あ、金は食べちゃっても大丈夫ですよ。金は王水(【ラ】aqua regia)以外には溶けませんから消化されずに後ほど出てきます。え?そんなこと心配してないって?

 せめて『自動発動』の能力にしないで、『望んだ時のみ』とかにすれば良かったのに…まぁ、いまさら言っても手遅れなわけです。このままでは飢え死にしてしまうのは時間の問題。その前に乾き死にしちゃうかも知れませんが。
 「ああ!なんで私がこんな目に遭わねばならないんだっ!」
 いろいろ試してみたのですが、この能力はなくなりません。ご飯を食べることも水も飲めなくなったミダス王は、こんな能力を貰ったことを恨みます。こんな能力を与えたディオニッソスも恨みます。

「嗚呼、ディオニッソス!! なんで私にこんな仕打ちを!!」
ミダス王のその嘆きはディオニッソスの耳にも届きます。
「だから、言ったではないか…よく考えろって…」
「その時は気づかなかったんです!
 このままでは私は死んでしまいます。何とかしてくださいっ!!」
「ううむ…」

 優しいディオニッソスは、ミダス王を助けてあげることにしました。というか、放っておいてうるさく言われてもあれだしね。
「ではこうしよう…パクトロス河に行きなさい。その後、その川の上流に向かうのだ。水源にたどり着いたならば、その泉で頭と体を洗うのだ。さすれば汝の能力はなくなるであろう。
でも、本当に良いのか? もう二度と物を金に変えることは出来なく…」
「うっさいなぁ! いらねぇんですよっ、こんな能力なんて!!」

 こうしてミダス王のはた迷惑な厄介な能力はなくなったのです。ただ、この時にミダス王が河の砂に触れたので、パクトロス河からは砂粒のような金、『砂金』がとれるようになったとのことです。
砂金


【ミダスっちのその後】

 ミダス王はこの事件のショックから、金とか富とかが嫌いになりますた。
 他にも、神様同士の竪琴大会に首を突っ込んでは、ひいきの神様を勝たせようと結果に文句をつけるといった事件を引き起こしたりします。で、アポロンの怒りを買ってしまい、耳がロバの耳になってしまいました!! これが有名な「王様の耳はロバの耳」事件なのです。
【解説というか蛇足チックなおはなし】

 このお話の舞台となるパクトロス河では、『エレクトラム(琥珀金)』と呼ばれる、20%以上銀が混ざった砂金の粒が採れました。それゆえに金の産地であったフリュギアのミダス王の名前が、このようにおとぎ話の形で残ったのでしょう。

 このフリュギアという国は後に、お隣のリディア王国に滅ぼされてしまいます。世界最古の貨幣鋳造国(紀元前7世紀頃)であると考えられているリディアでは、この『エレクトラム』をコインにして使っていました。

 リディア王国の最後の王様はクロイソスという人でしたが、この王様は『エレクトラム』を金と銀に分ける方法を見つけます。その結果、クロイソスは莫大な富を得ます。クロイソスという語は「大富豪」を意味する語になりました。

 この王様の人生も非常に面白いものでした。では、次回はそのはなしでも。
(続く)
スポンサーサイト

Comment

2006.09.28 Thu 17:10  |  う~ん、残念!

私の予想、外れてしまいましたね…。
家に帰って子供や奥さんを抱き抱えたら黄金に変わってしまう!というのを想像していたのですが。
もっと切実な問題があったのですね…w。

2006.09.28 Thu 17:36  |  お酒だけ

お酒(ワイン)だけオッケーだったというバリエーションなら存じてます^^

2006.09.28 Thu 23:18  |  

うーん、他の人に食べさせて貰えば良いのに~w
「はい、あ~んして~」「あ~ん」「おいしい?」「超おいしいよハニー♥」
ほら、万事解決!

  • #-
  • 神子上きりん
  • URL

2006.09.29 Fri 13:31  |  きょう、ルクレッ

きょう、ルクレッツア・ロッソと看過しないです。
ところがきょう、ここまでルクレッツア・ロッソが手とか看過しなかった?
ところがルクレッツア・ロッソとここまでルクレッツア・ロッソがお話ししないです。
ところがルクレッツア・ロッソは理由もお話ししたかも。
ところがルクレッツア・ロッソの力はお話しするつもりだった?

  • #-
  • BlogPetのリモーネ
  • URL

2006.09.29 Fri 17:37  |  お返事

くれはさん>
それはそれでギリシャ悲劇っぽい!
ありうるぞぉ

マリィナさん>
ほぉほぉ、ワインだけはOKな話があるのですね。
酒漬けになりそうだねぇw

きりんさん>
それは盲点!!
ぜひ教えてあげましょうw

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/261-095d3492
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。