スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数奇な運命をたどった航海者たち(8)

前回の日記で、髪型を変えて不評だったとお話ししましたよね。
なので、また髪型を変更しました!

ゲーハー

ロンゲ先輩今後ともヨロシクお願いします!!

今日のお友達紹介コーナー

バカ一家…ご先祖様を恨もう!

 それでは、ウィリアム・アダムスの生涯 最終話です。
(1)ウィリアム・アダムスの人生 Ⅷ


 極東の地で布教活動を続けるイエズス会の宣教師にとって、ウィリアム・アダムスとその仲間たちは許されざる『敵』でありました。もちろん彼個人に恨みがあったわけではないのですが…。
そのため宣教師たちは、「彼らネーデルランドの民は海賊であって、きっと日本にやってくる商船を襲うためにやってきたに違いない。ぜひとも処刑すべきです!」と家康に強く進言します。
もっとも、ネーデルラント勢力は前回お話しした『ゼーゴイセン(海の乞食団)』を組織し、侵攻してくるイスパニア軍勢の補給路を断つ戦法をとっていました。ですから、彼らの主張もまるっきり嘘ということではなかったのです。

 どちらにせよ、アダムスたちの運命は家康の腹一つでした。彼らの命は、風前の灯火のごとく吹き消されるところだったのです。
 アダムスやヤン・ヨーステンたちは家康の前で、自分たちの来航の目的について弁明します。
曰く。

 自分たちは、商船の乗組員であって海賊ではないこと。逆に、イスパニア船の方が外洋では海賊行為を働くこともしばしばである。
 自分たちの祖国イングランドとネーデルラント、そしてイスパニアとは信じる宗派の違い、また独立を勝ち取るために長年の間戦っている。

 こうしたことを率直に、かつ理路整然と述べる彼らに家康は好印象を持ったようです。そして、彼らを自分の領地であった江戸へと送ります。
 天下分け目の関ヶ原の合戦が終わり、家康は名実共に日本の支配者となりました。
リーフデ号の乗員のうち、ヤン=ヨーステン・ローデンスタインとウィリアム・アダムスは幕府の外交要員として海外貿易(御朱印貿易)の折衝に当たったり、家康に助言を与えたりします。

 特に、ウィリアム・アダムスは家康から大変気に入られたため、何度も帰国の許可を願い求めましたが結局許されませんでした。日本で造られた初の洋式武装帆船 サン・ブエナ・ベントゥーラ号の建造を指揮したり、家康の家庭教師として幾何学を教えたりします。
帰国を許さなかった家康でしたが、アダムスを250石取りの旗本に取り立てました。領地は三浦半島 相模国の逸見。以後、彼は日本において三浦按針(按針は水先案内人のこと)として知られることになります。
1620年6月16日、日本で新たに娶った妻 お雪(マリア)との間にもうけた子供たちジョゼフとスザンナに看取られて、ウィリアム・アダムスは異境の地で眠りにつきました。彼のお墓は、神奈川県横須賀市西逸見町の塚山公園にあるそうです。お近くの方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょう。
(行った方は、ぜひレポートをお待ちしておりますw)
 もうひとりのヤン・ヨーステン(耶楊子)はというと。
彼には、東南アジア現地で交易の指揮をとる任務が託されます。彼の拝領屋敷があった地が、現在の八重洲。残念なことに、彼も再び祖国の地を踏むことが出来ませんでした。東南アジアで乗っていた船が沈んでしまったからです。

大航海時代には、大勢の船乗りたちが大海原へと漕ぎ出していきました。しかし、祖国に再び帰ることが出来たのはごくわずかな人々にすぎなかったのです。
(Fin)
危険がいっぱいデシ!
「そこまで言われると行く気が…」



水先案内人(PILOT)

 船の航海で何が一番難しいかというと、それは港に入って接岸するとき。
当然の話ですが、港というのは陸なわけでして、当然水深が浅くなるわけです。場合によっては暗礁があったり、砂州があったりもします。多くの船が寄港する大きな港町では、他の船舶と衝突する危険もあることでしょう。
そういった危険に備える意味で、入港の際には老練な船乗りである水先案内人たちが船に乗り込み指揮を執るという決まりになっていました。

 彼ら水先案内人の権限は非常に強く、入港の際には船長よりも上位の指揮権を有していました。商船だろうが軍艦だろうが、ネルソン提督であろうがオーブリー艦長であろうと、彼らの指示には従わなければなりません。もし指示に従わず運行を妨げるものがいれば、水先案内人にはそれが陸ではどんなに偉い人でも海にたたき込む権限すらあったのです。
スポンサーサイト

Comment

2006.09.16 Sat 09:52  |  

ヅラ・・・ルクレさんが・・・ヅラ・・・さようならルクレさん今日からワトソン派に寝返ります☆ミ

  • #-
  • ヴィオラ
  • URL

2006.09.17 Sun 13:46  |  お返事

だれがヅラじゃ、だれが!!

  • #-
  • ルクレ
  • URL

2006.09.22 Fri 21:39  |  

やーいはげーwwwww

  • #JalddpaA
  • ロンゲ
  • URL
  • Edit

2006.09.23 Sat 20:23  |  ロンゲサン>

やーいはげーwwwwww

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/253-ec4774ab
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。