スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一周航路を求めて (7)

どぅも~、rukuっす  ぎゃぼ(挨拶

ええ、やりましたわ。やってしまいましたわ。

おもいっきし風邪をひきましたよ本当にありがとう!!
熱・喉・鼻の三重苦…アア、鼻ハアレルギー?

以下、最近の出来事をダイジェスト
アムステルダム学園祭

にゅるりぴ


サッカー(オーストリア戦)

あんましきついことイウナ!と

私的には、翌日の新聞。
他のが全部『日本逆転負け』なのに、M日新聞だけ間に合わなかったのか『日本一点先取!』なのが泣けました。あと、次の日のTスポ(北の国では一日遅く到着)も、『今日、豪州に勝つ!!』が><
 (キオスクから愛を込めて)
 んじゃ、続きはマゼラ~ン
マゼラン、南アメリカに行く
アンケートもよろしくね♪


 マゼラン艦隊に当初参加した艦は、次の5隻でした。
サンアントニオ号(120㌧)、コンセプシオン号(90㌧)、ビクトリア号(85㌧)、サンティアゴ号(74㌧)、そして旗艦はトリニダード号(110㌧)です。航海に参加した乗組員は、265名でした。

マゼランの航海図(WIKiより転載)


 セビリアのサン・ルーカル・デ・パラメダ港を、1519年9月20日に出港した一行は、針路をカナリア諸島にとります。針路を西にとり大西洋を横断したマゼラン達は、南アメリカ大陸にそって南下しつつ、12月13日 ラプラタ川河口に到着します。

マゼラン、ラプラタ川へ


ラプラタ川(Río de la Plata)

 スペイン語で『銀の川』の意味。
とにかく河口が広いので、『ココが海峡だろう』と引っかかる人いっぱい!
最初に引っかかったのは、1516年にやって来たスペイン人のソリスさんなり。


 現在のリオデジャネイロ市にて、補給と修理を行った一行は「このラプラタ川が、『南の海(太平洋)』への通り道、つまり『エルパソ(海峡)』ではなかろうか」と考えて、詳細な調査を行います。
しかし、『エルパソ』はこの地ではありませんでした。

一行はエルパソを探しながら南下していくことにします。現在のアルゼンチンまで南下していっても、目にはいるのは氷山ばかり。
ようやくサン・フリアンの港にたどり着いたマゼランは、この地で越冬することにします。1520年3月31日のことでした。
そして、この地でマゼラン艦隊に危機が訪れるのです。乗組員による反乱でした。(続く)
スポンサーサイト

Comment

2006.06.16 Fri 17:57  |  

お具合いかがざんしょ。
Tスポの良いところは、そういうタイムリーなところを取り上げないから、
記事のタイムラグが発生しないところだったのにね(笑)

ところで、マゼランの南アフリカでの航海図を見ると
「あー、何回も期待はずれの憂き目にあってたんだなー」って思うわけです。
ヴァーチャルな航海のなんと楽なことよ。

2006.06.17 Sat 11:39  |  リンクさん>

おかげさまで70%復調!!

まぁ、いまみたいに衛星とかで上から見れれば一発なんでしょうがw 先人は大変だったなぁ、と思いましたよ。

ヴァーチャルだったら、無駄足ふんでも大丈夫だしねぇ…

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/221-b425de55
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。