スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一周航路を求めて (5)

20060610071955.jpg

オペル先生も、縫製がやっとこさ7になりました。
20060610071835.jpg
これで、竹ぼうき装備でオランダ更紗が織れます。

でも、東とか行きたくないんだよなぁ…(遠い目


↓マゼラン読むなら押す!
マゼラン、考える
アンケートもよろしくね♪

 アメリカ大陸に関する歴史を紐解いていく際に、重要な役割を果たした人がいます。
イスパニア人の彼の名前は、バスコ・ヌーニェス・デ・バルボア(Vasco Núñez de Balboa)といいます。バルボアは現在のパナマ地峡を探検し、ヨーロッパ人で初めて『太平洋』に達した探検家でした。
パナマ地峡


脚注:バルボア
 バルボアは、この時代によく現れた「探検家兼(植民地)政治家」の一人と言えるかもしれません。故郷で食い詰めたバルボアはその活躍の場を、カリブの地に求めます。パナマに移住した彼は、植民都市ダリエンの建設を指揮し、後に総督に任じられます。
さて、彼は一つの噂を耳にします。『南の地に、黄金で出来た都市がある』という。

 1513年9月、180名の部下と共に現地住民の案内を受けて、パナマ地峡を縦断するための冒険に向かうのでした。(なお、このときの部下の一人が、後にインカ帝国を滅ぼすフランシスコ・ピサロでした。)
パナマ地峡はその幅がわずかに64km、一番狭いサンブラス地峡では49.6kmという非常に狭い地域です。黄金都市を見つけることは出来なかったバルボア一行でしたが、その月の25日にカリブとは反対側の海に到達します。バルボアは、この"新しく発見した海"『南の海』と名付けました。

その後、バルボアは反逆罪の罪を着せられ処刑されてしまいます。
しかし、『黄金都市~黄金郷~』の伝説は、『エル・ドラード(El Dorado)』として300年の間、人々の心をがっちりとつかみ続けるのでした。

 セビリアで隠遁生活を送っていたマゼランの元を、友人のジョアン・デ・リズボアが訪れます。自身も優秀な航海者であったリズボアは、マゼランといろいろ話し合います。

まず、コロンブスが"到達した地"は、インドではないことの再確認。
であれば、発見された『新大陸』は、どの程度の大きさなのか。
今回発見された『南の海』は、大西洋(Atlantic Ocean)と繋がっているのだろうか。
そして、新大陸を跨いで南の海を越えた先にインドや香料諸島があるのだろうか。あるなら、それは東回り航路(アフリカ経由)よりも近いのだろうか。

当時、イスパニアを中心とした国が中南米に入植をはじめていましたから、ある程度の現地の情報が伝わってきていたはずです。
それらの情報も加味した結果出た結論は、次のようなものでした。

新大陸は、非常に大きいようだ。しかし、海が繋がっている以上、エルパソ(海峡)があるはずだろう。今までの冒険記録から考えると、それは新大陸の南西にあるに違いない。そして、その行く先には香料諸島があり、それは東回り航路より早く着くだろう。

しかし、困ったことに冒険にはスポンサーが必要になります。本来であれば、マゼランは自国の王様に援助を願い求めることが出来ました。しかし、不仲なマヌエル王がそのアイデアを受け入れるはずもなく。そのためマゼランは、この冒険プランをポルトガルのライバルであったイスパニアのカルロス1世に申し出るのでした。(続く)

『大西洋(Atlantic Ocean)』

地球上の海を大きく分けて、五大洋(太平洋・大西洋・インド洋・北極海・南極海)というが、その中でも大きさで二番目のものである。
日本語では『大西洋』と書くが、これは『泰西(ヨーロッパ)の海』が変化したものではないかと考えられている。

なお、英語の"Atlantic Ocean"は、『アトラス山脈の近くの海』という意味である。昨日も出てきたアトラス山脈だが、これはギリシャ神話に出てくる神様アトラスの名前からつけられた。

ちなみに、地図帳のことを『アトラス』というのは、かの地図職人メルカトールが、出版した地図帳の表紙にアトラスの絵を描いたことに由来する。そういえば、大航海2ではメルカトールさん、友達(ロリコン)の功績を横取りしてるのがプレイヤーの怒りを誘ったものであるw


Scrivano;
Lucrezia Rosso
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/218-47ffccf5
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。