スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【騎士物語】巡礼旅行と騎士たち(12)

前回の、オスマントルコイベントの結果はというと。
ぺっぺっ!!

そんなこんなで、あの噂の(まちぼうけ)ロードス島海戦が始まりましたね!
金曜の21時なんぞにインすれというのは、どだい無理な話で私がインしたときには、既に半分が終わった時間でありました。でも、シラクサでログアウトしてたこともあり、艦隊に拾っていただきまして、れっつらGo!!
酒場にて(なぜか上からw)


ていうか、待ち時間長すぎ!!
 そんなときの暇つぶしに、本編をドウゾw
最初の理由:「周囲の環境の変化」

 あれだけの熱情を持って支持されてきた十字軍でしたが、時たつうちに「もういんじゃね?」感が漂ってまいります。

 かつては、聖地エルサレムの保持に成功し、中東各地に十字軍国家というキリスト教徒の国を建てていましたが、仲違いやイスラーム勢力の反攻により、次第にそれらの国々も消滅

 軍隊というのは基本的に金食い虫ですから、それに見合う対価がなければ続けることは難しくなります。
現に、第7回十字軍(1248~1249年)を最後に、イスラーム勢力との大規模な戦闘は行われていませんでした。ちなみにこのときの戦争も、大将のフランス国王ルイ9世が捕虜になって、莫大な賠償金を支払って解放されるという、不名誉な敗北を経験しています。
(第8回はルイ9世のリターンマッチだったのですが、行く途中のチュニジアで死んじゃったために、戦闘は行われていないためカウントせず。ちなみに最期の言葉は「エルサレム」だったそうな…ここまで来ると、執念だね。)

1290年には、地中海に面した玄関口たる港町アッコンすら失ってしまいます。これはつまり、十字軍の重要な拠点にして、聖地への足がかりを失ったことを意味していました。
 さて、騎士修道会が『闘う修道士達』の集団である以上、軍事行動の有無は、彼らの存在意義に直結しています。
 それをふまえた上で、有名どころの三騎士団がとった行動とは?
聖ヨハネ騎士団(聖ヨハネ病院修道会)

我々は、アッコンの防衛に全力を尽くしていたのだが、残念ながら負けてしまった。

しかし、我々は諦めない!!
キプロス島に移転し、海軍力に力を入れたのだ。
付近を通る異教徒どもを狩る! 狩る! また狩る!!
たまに、ヴェネツィア船も狩る!(異教徒の味方だから)

その後も、ロードス島、マルタ島と移転しながらも戦い続け、今もローマの本部はイタリアから治外法権を認められた一種の「独立国(もどき?)」として活動してるのだ。ちなみに、国連のオブザーバーでもあるぞ。
(諦め悪く、それゆえに初志貫徹した派)

ドイツ騎士団
(ドイツ人の聖マリア病院修道会:チュートン騎士団)

おいどんたちは、ドイツ生まれの田舎もんですたい。ばってん、作られるのが遅かったために、出来た頃にはとっくに十字軍ブームは下火になっていましたわ。
で、代わりにハンガリーの王様に招かれて、トランシルヴァニア地方(今のルーマニア)を、異教徒のクマン人(ボロディン作曲の「ダッタン人の踊り」のダッタン人)からまもる役割をもらいました。でも、独立しようとしたのがばれて、追い出されてしまったでごわす。
そのあとは、バルト海の方にあるポーランドの偉い方から招かれたんで、そっちで領土とったり入植したりしてもうす。その後も、琥珀貿易でウマウマ~してたりしてたんですが、今では慈善団体の一つとして、まぁ細々と頑張ってますわ。
(さっさと新天地見つけた派)

テンプル騎士団

え?何の話? これからの予定?
いやー、今でも金利手数料とかでぼろ儲けだし、いいんじゃないの、何もしなくても。だって、かったるいじゃん。
(アリとキリギリスの、キリギリス派)

 そんなわけで、「特に、騎士修道会いらなくないか?」という風潮を読めなかった、もしくは変化できなかったというのが、他の2団体と命運を分けることに繋がったのではないでしょうか。

では、残りの2つの要素については、またのお話と言うことで。
スポンサーサイト

Comment

2006.05.27 Sat 21:09  |  mohawwww

ひとくちにいっても、けっこう違いがあったんですねぇ

ヴェネツィアフラッシュもステキでした(*´д`人´д`*)

  • #8.1uDoBg
  • りぴ
  • URL
  • Edit

2006.05.28 Sun 09:09  |  りぴさ>

もちろん今回のお話は、面白くするために脚色して、多少大げさに言っていますよ。でも、組織が大きくなりすぎてすぐに方向転換が出来なかったことや、新たな敵を見つけることが出来なかったことは事実だと思います。
軍人にとって、戦うための相手(仮想敵)を常に意識していないということは、次回の話でも出てきますが、(練度や士気などの)質の低下にもつながり、風当たりも強くなりますよ。というお話でした。

へたれFLASHへの感想もアリガトです♪

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/206-9d0ca17a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。