スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~Knight of the night(闇夜の騎士)~ 第10章

 おはようございます。
最近はヴェネツィアイベントの「金獅子紋章」に惹かれまして、まじめにイベントを頑張っておりますよ! エライヨネ!!
海事の方も…トリアエズ1アガッタヨ。
 さて、騎士団の誕生についてお話しするつもりが、未だに第一次十字軍のあたり、それもエルサレムに着いてすらいないという、中だるみがちな今回のシリーズですな。いやいや、ここから巻き返していきますよ!
 こう、自分にハッパをかけないとくじけてしまいそ…(以下省略
~第10章 アンティオキア攻防戦~
アンティオキア市 (Αντιοχεια【ギ】)

 アレクサンドロス大王配下の4人の将軍の一人でもあり、大王の死後にシリア・セレウコス朝を築いた、セレウコス1世が作った街。アンティオキアというのは、セレウコスの親父さんのアンティオコスの名前からつけてみたりして。
シルクロードの拠点の一つでもあり、非常に栄えた貿易港だったが、十字軍の当時は、単なる地方都市に成り下がっている。

余談だが、クリスチャンという呼び名は、この都市で最初に始まった。

 かつては、シリアのセレウコス朝の首都でもあったアンティオキア。
首都だけあって、攻めにくい地形に作られ、その周囲を城壁で囲んだ要塞都市でもあったわけです。某ゲームの軍師、ルクレッツィア女史に言わせると「攻め手の兵力が守り手の3倍必要、というのは迷信ですが、それでも私たちの兵力ではつらいですねぇ~」といった所であります。

とりあえず、包囲してみたわけですが、この都市は貿易都市だけあって、付近を流れる川を利用して荷揚げも可能でした。つまりだ、食料、その他の補給が行えるということ。これでは、100年待ってても落とすことは出来ません。かえって、自分たちの補給の方が滞って来たわけです。
そのうえ、地震が起きたり、病気が流行ったりとなんか踏んだり蹴ったりなわけでした。

 救いはというと、イスラーム側の救援部隊が来ないこと
近くのシリア・セルジューク朝では、馬鹿兄弟二名が、この期に及んで権力争いで内輪もめをしている始末。で、モースルのカルブーカという方が、援軍を送ってくれたのですが、この軍隊もあっちに寄り、こっちに寄りと遅々として到着しません。

 包囲から約8ヶ月がたった1098年6月3日、衛兵の買収に成功した十字軍がアンティオキア市に侵入。この都市を陥落させます。

 ところが、ここにモースルからの援軍が到着してしまったのです! なんてタイミング悪し!!
今度は逆に十字軍の方が、アンティオキア市に閉じこめられてしまったのでした。

 一転窮地に陥った十字軍。しかし、ご安心なされぃ。こんな時、ゲームじゃ秘密兵器が登場するじゃあーりませんか。ほんと、そんな感じで登場する「聖槍(Holy Lance)」

別名、『ロンギヌスの槍』
~なぜなに!? ロンギヌス~

Q:先生、ロンギヌスの槍ってなに?

A:イエス様が磔になった後に、ローマ軍で百人隊長をやっていたロンギヌスさんが「ホントに死んだかな?」と、槍をイエス様の御体に突き刺してみました。
 すると、あら不思議。槍をつたってきた、イエス様の血が目に入ったのです。ロンギヌスさんは病気で目が見えなかったのですが、血が入った途端に見えるようになりましたとさ。

 その後、キリストの血が染みこんだこの槍の穂先は錆びず、「所有するものに世界を制する力を与える」との伝説が生まれます。

Q:へぇ、すごいね。それからどうなったの?

A:アンティオキアで、敵に包囲されてピンチを迎えた十字軍の中に、修道僧ペトルス・バルトロメオという人がいました。聖アンデレからお告げを受けたとか、イキナリ言い出した彼は3日間断食を始めます。すると、どうでしょう! 聖槍が見つかったではありませんか!!

 「聖槍のご加護で勝てる!」と、十字軍は勇気百倍!
 包囲していた敵も打ち払い、大勝利を収めたのよ。

Q:ふーん。でも、それって本物なの?

A:当時の人もそう思ったらしいわね。
 それで、発見者のペトルスさんは、
「そんなに疑われるのなら、私が証拠をお見せしましょう。
 私が、この槍を抱いて火の中に飛び込んでも、無傷だったらこの槍は本物です!」と申し出ました。このように、神様の判断を仰ぐという方法を『神明裁判』と言うのよ。

Q:すごいねぇ! もちろん無事だったんだよね!!

A:…
 ん~~~
 この世の中には、上手くいかないこともいっぱいあるのよ。ペトルスさんは、大火傷を負って死んじゃいました。もちろん、士気を下げないように、この事実は伏せられたみたいだけどね。

Q:大人って大変だね…

(続く)
Scrivano;
Lucrezia Rosso
スポンサーサイト

Comment

2006.04.20 Thu 13:36  |  

きょうは、獅子が中だるみするつもりだった。
さてエルサレムにルクレッツア・ロッソは中だるみするつもりだった。
さてリモーネは、エルサレムでルクレッツア・ロッソと誕生したかったの♪
さてきょうリモーネはエルサレムでイベントが省略♪
さてルクレッツア・ロッソはエルサレムに紋章に省略したよ♪
さてエルサレムでイベントみたいな誕生しなかった?

  • #-
  • BlogPetのリモーネ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/179-1ceb46a4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。