スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~Knight of the night(闇夜の騎士)~ 第6章

 昨日、中の人は副官殿とドライブしてきました。
雪山
某湖

 え? 桜?
 桜なんかGWまで咲かないんだよ!!
 雪だ、雪!!
 天下無双のセルジューク帝国。しかし、やって来たるは「十字軍」。
 なぜ、十字軍の侵攻作戦が上手くいったのだろう。そんな感じの6回目!
(数日前に、間違えてアップしてしまったエントリーですw)

~第6章 当時のイスラーム世界(後編)~

 『セルジューク帝国』といっても、実態は一族が地方支配者を務める小国家の集まりに近かったのです。もちろん、平時であれば…リーダーシップのとれる人が上にいれば、なんの問題もありませんでした。現に、アルプ・アルスラーンや、名宰相ニザーム・アル・ムルクが補佐したマリク・シャーの時代は上手くいってたのですから。

 ところが、1092年 名宰相として名高かったニザーム・アル・ムルクが暗殺されてしまいました。そして、後を追うように、マリク・シャーも38歳の若さで急死してしまいます。

 若くして王様が亡くなると、問題になるのは『後継者争い』
候補に挙がったのは、マリク・シャーの二人の息子たち。

 一人は12歳の長男だったバルキヤールク、そしてもう一方は4歳のマフムードです。もちろん、この幼い二人が「俺がスルターンだ!!!」と争ったわけではなく。争ったのは、彼らの母親だったりその側近たちだったのです。それがまた、母親達の出身国や勢力への利益が絡んだりするものだから、騒動に拍車がかかります。
結局、問題が解決できないまま、セルジューク帝国は2人のスルターンが並立されるという非常事態を迎えます。

 そんな異常状態が2年ほど続いた、1094年のある日のこと。
なんと、6歳のマフムード君がポックリと逝ってしまいました。可哀想な事は可哀想なのですが、でもこれで後継者問題が片付く!…かと思えば、そうも行かないのがこの世の道理。
今度は、叔父たちとの争いになったり、それが終われば別の弟を担ぎ出す一派が出てきたりともう散々。
 分家は分家で、シリア地方を領有していた『シリア・セルジューク朝』と、アナトリア地方を支配している『ルーム(ローマ)・セルジューク朝』との間で諍いをやっているわ、その隙をついて自分ところの領土を広げようとする国があるわ…あちらこちらで内紛だらけだったのです。

 さらに、これに輪をかけたのがイスラーム教の宗派間の争いでした。
Two is company,but three is none.
「二人は伴侶、しかし、三人集まれば仲間割れ」
 この『セルジューク朝』という人たちが支持していたのは、『スンニー(スンナ)派』と呼ばれる宗派。
これに対して、当時聖地エルサレムを支配していたのは、エジプト地方を主な支配下に置いていた『ファーティマ朝』だったのです。そして、この人々が信奉していたのは『シーア派』と呼ばれる宗派でした。

 現代でもイラク問題に代表されるように、この両派の争いは深刻なものでした。

で、この年『ファーティマ朝』は『セルジューク朝』に奪われていたエルサレムを、約20年ぶりに取り返したばかり

「西欧から軍隊がやってくるぞぉ!!」と聞いても、まさか、自分たちの所に攻め込んでくるとは思ってもなく…。
「おー! 西欧の連中が、セルジュークの奴らを退治しに来るってさ!
いやぁ、セルジュークの奴らときたら、小アジアに攻め込むは、ビザンティン帝国をぶっ潰そうとするわ、ちょっとやり過ぎたしなぁ。まぁ、いい薬になるんじゃないか、ハハッハッ!!」

と、のんきに構えておりました。(志村、後ろ後ろ~!)

 こうして、自分たちの間の権力争いに明け暮れている最中、十字軍が攻め込んでくることになるのでした。『十字軍は、突然に…』

(続く)
Scrivano;
Lucrezia Rosso
スポンサーサイト

Comment

2006.04.06 Thu 14:56  |  

かいてるとちゅうかも・・。
マリクシャー楽しみに・・ハアハア。

  • #-
  • めけ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/171-a965b085
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。