スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~Knight of the night(闇夜の騎士)~ 第1章

キリストの蛇たち

 ということで、あちこちのブログorサイトでも「ロードス島騎士団(聖ヨハネ騎士団)」について取り上げられていました。
聖ヨハネ騎士団に関しては、皆様にお任せしましてw
うちでは騎士団の歴史について取り上げましょうかねぇ。

 ちなみに、この画面にある"Knights Hospitaller"というのは『病院(ホスピタル)騎士団』という意味。
 元来、騎兵というのは経済力の高い人(国)でなければもてない兵団でした。

 まず、騎兵用の馬は馬なら何でもイイというものではありません。良馬を買い求めることになりますと、お金は幾らあっても足りなくなります。

 また、騎兵になるためには、幼少の頃から訓練を受ける必要がありました。これもまた(馬産地でもない限り)ある程度の経済力が求められます。

 さて、騎士になりますと人も雇わなければなりません。まず、馬の世話係小姓(ページ)従士(スクェア)武具持ちなども合わせると10人ぐらい雇う必要があります。なにしろ、重装騎兵になりますと落馬したら自分じゃ起きあがれないほどの装備を身につけるわけですから。これでは、人件費だけでも結構な額になりますよね。

 さて、もともと単なる『騎兵』が、『騎士』として、そして集団としての『騎士団』が組織される契機となった出来事があります。
 時は1095年。(べべん!)
 イスタンブールを首都とする歴史あるビザンティン帝国も、東からやって来たセルジューク・トルコの度重なる侵攻に押され気味と思いなせぇ!(べん!)

皇帝アレクシオス1世陛下は考えた!
「このままでは、セルジューク・トルコに飲み込まれてしまう!
 といって、このまま滅びるのを待っているのはむなしいかな。
こうなっては仕方がない!!
 不本意だが、長年のライバル。西ヨーロッパの連中の力を借りることにしよう!」


皇帝からの使者は西へ西へと走る。
野を越え、山越え、谷越えて、僕らの街も飛び越えて…やって来たるは、西ヨーロッパの総本山 ローマカトリック教会は教皇ウルバヌス2世のもとへ。(べべん!)

使者が申すには、曰く「傭兵でいいんで、我らに援軍を送っていただきたい!」

 要請をうけた側のローマ教会もいろいろ考えた。。。

 この時期、西ヨーロッパ諸国では戦争も一段落…そうすると、傭兵や騎士などの兵隊も余ってくる。このまま放置してたら、暴れるしか能のない奴らのせいで治安も悪くなるぞ。よし、ノシつけて送りだそうじゃないの!!
 それに、この機会に東に恩を売っておけば、今は分断状態の西・東教会の統合が可能になる!! そうすれば利益も得られるだろう!
 1095年11月、フランスのクレルモンで行われた教会会議の席上、ローマ教皇ウルバヌス2世は集まった人々にノリノリで大演説を行います。

「聞け、キリストの騎士たちよ!
 いま、ヨーロッパは戦争が終わって平和になった。しかし、人々の暮らしは良くならない!
それは、なぜか?

諸君!それは、人が多すぎるからだ。フランス、あんたたちなんか特にそうだ。今こそ、乳と蜜の流れる地である聖地を奪還するべき時なのだ!

 聖地奪還戦争に参加する人たちには、現世においても天においても栄光が約束されるであろう!
あ、煉獄の免償も与えるから安心して死んでおくれ

 もう、聞いていた人たちは大熱狂!!
 「神のみむねのままに!!!」

 教皇も大満足。
 こうして、聖地奪還のための軍事行動 『十字軍』の動きが実現に向けて動き出しました。

ところが、このローマ教皇の煽りが思わぬ結果を生むことになるのです。

(続く)
Scrivano;
Lucrezia Rosso
スポンサーサイト

Comment

2006.04.04 Tue 10:49  |  

うわーーー
 なんですか!!
「翼君、日向君を抜いてシュート!」
で、はい来週!見たいな展開は。。。w
 コレは明日も読みにこなければw

  • #-
  • アンナ
  • URL

2006.04.05 Wed 09:16  |  アンナさん>

翼くんといえば…Wカップのたびに特別編が思いだしたように始まるわけですがw
Wカップまであともうちょっと。今回もそんな企画はあるんでしょうかねぇw

そうそう、ワールドカップといえば…
前にオランダの新聞が、ジョーク記事でつくった「独語会話集」というのを見て馬鹿ウケしてしまいました。
『みんなで、隣国のドイツに応援しに行こう!』という主旨の企画だったのですが。「スタジアムはどこですか?」「レストランはどこにありますか?」などの普通の会話に混じって、「幾ら渡せば、そんなにいいグループに入れるのですか?」(たぶん、例の試合グループで比較的ラッキーなところに入ったことを皮肉ってるのだと思う)という模範(?)会話文がw
あんたら、そんな事ばっか言ってると、また侵略・占領されちゃうぞww

  • #NRyE0Rjc
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/166-bdac86ab
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。