スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極冠の地へようこそ(おまけ)

昨日は

3サーバ同時襲撃

腹筋公演がありました。

しゃぎゃぁぁあああぁああΣ°\ノ"

エロ鯖の様子

乙鯖の様子

こんなのがいたり…

こんなのもいたり。
おしまい


 
(ここから本編が始まります)

実はノルウェーは、世界でもっとも国土に南北差のある国なんです。北は前回お話しした、スヴァールバル諸島。
 じゃ、南は?
で、南はと言うと、なんと南極(の近く)にも領土を持っていたりするんですね。名前はブーベ島
場所はと言うと、南極大陸に限りなく近い南緯54度26分東経3度24分
WIKIより拝借
【白い点がブーベ島だ!】

 1739年1月1日に、フランス人のジャン=バッティスタ・シャルル・ブーヴェ・ド・ロジェ(Jean-Baptiste Charles Bouvet de Lozier)という人が発見したので、その名を取って『ブーベ島』と名付けられました。

 まぁ、見た感じで予想がつくんですけどもこの島。一年中、氷に覆われた島です。いるのはというと、ペンギンにゾウアザラシくらいなもの。最近の調査ではアザラシが6000頭、ベンギンが120,000匹も確認されたという、野生の王国(海獣類限定)。
で、発見者のブーベさんも面倒くさかったのか、「あー、島なのか南極大陸の一部なのかって? どっちでもいいんじゃないー」みたいな感じで上陸すらせずに去って行かれました。
というか、正確な位置も測定されていなかったため、この島は『幻の島』となっていたのです。
またまた拝借
【見た目】


 で、再びこの島が登場するのは、それからしばらく立った19世紀。捕鯨時代になりまして、1822年にやって来たイギリスのノリスさんが「リバプール島」と名付けて、イギリスの領有権を主張します。
しかし、この島に定住する人はいなく。なにしろ、気候があまりにも過酷(霧も深い)なため、ひどいときには上陸すら、いいえ発見すら出来ないという有様でしたから…。

 ところが、なぜか(*1)ノルウェーがこの島の領有に本気を出しはじめました。そして、1927年に史上最大の作戦を行ったのです!
それは、「あん? そこに自分所の国民住まわせりゃ領土になるだろ!」という、なんとも横暴きまわりないもの。

 1927年12月にノルウェーの捕鯨探検船がブーベ島に上陸し、約一ヶ月ほど滞在し測量や調査を行います。その後もこの探検隊は、何度かこの島に上陸・滞在して小屋を建てて「一応定住した」という事に!
こうして、ブーベ島は晴れてノルウェーの領土になったのです!!
現在では、無人の気象観測センター(*2)が置かれています。まぁ、正直なところ私は100万円もらってもいらないですけどねw

 ブーベ島にはもう一つ有名な理由があるそうな。
実は無人島でありながら、独自の「国コードトップレベルドメイン【ccTLD】(日本では<.jp>っていうやつね)」を持っている、世界で二つしかない地域の一つだそうです。ブーベ島のドメイン名は、<.bv>。
しかし、いったい誰が使うんだい?w

 そうそう、この島を舞台にしたホラー小説(?)もあるそうです。文化人類学者のアルベール・サンチェス・ピニョルという人の書いた『冷たい肌』。興味のある方は探してみてはどうでしょう?

(おしまい)
ブーベ島について(英文)
ブーベ島の天気予報 (なんか風速46km/hとかアリエナイ数字がw)

***脚注***

*1:実はノルウェーは、両極地探検に熱心な国だった。南極点に最初に到達したロアルド・アムンゼン(Roald Engelbregt Gravning Amundsen)はノルウェーの探検家。ちなみに、アムンゼンは1928年に北極で、近くで遭難した探検隊の捜索に出かけ、帰らぬ人となる。

*2:この基地は「ちゃんと仕事してるよ」と言うことをアピールしてるのか、時たまとんでもない物を発見しちゃう。
例えば、1979年には(核実験による物と思われる)大量の放射能を検出し、世界を震撼させた。なお、どこの国も名乗りでなかったが、この島に近い国は南アフリカである。たぶんやったのはこいつらですw
スポンサーサイト

Comment

2006.02.26 Sun 16:50  |  楽しかったです!

 今回のシリーズも楽しく拝読させていただきました。
 以前、TVで19世紀ー20世紀にかけて、スウェーデンの人口の1/4が新大陸に渡ったという事を見た事を思い出しました。
 北欧の国というのは、じつは、フロンティア精神にあふれているのでしょうか?
 そういえば、ヘディンもナンセンもノルウェー人でしたね。。。

  • #-
  • アンナ
  • URL

2006.02.26 Sun 16:51  |  ってなによ!コレ!↑

 なんか、明らかに営利を目的としたサイトの公告コメントがTT
 こういうのって、迷惑ですよね・・・

  • #-
  • アンナ
  • URL

2006.02.27 Mon 08:37  |  アンナさん>

そんなに多くの人が渡ったのですか!? それは、予想以上の人数かも。

で、まぁぶっちゃけた話。北欧は一時期、経済的に大変だったということもあって、国外に出て行ったという理由もあるのかもしれませんね。なにしろ、バイキング自体が人口増による食糧事情の悪化が原因という説もあるし。
とにかく、寒いところはもういやですw

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/138-2dd9b0a6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。