スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グリーンランド」のその後(1)

 さて、グリーンランドを発見したのは、「赤毛のエイリーク」だと言う話は覚えているかな?
(覚えてない悪い子は今すぐ チェックだ!

 で、エイリークさんはノルウェー出身。なら、現在のグリーンランドはノルウェー領? いやいや、位置的にはイギリスに近いし、イギリス領だろう?

 さて、正解はと言うと…大穴の、デンマーク!!(*)(でーん
  (ノ; ̄◇ ̄)ノ エエエエェェェェェ-
デンマーク(首都はコペンハーゲン)


 でも、デンマークといえば、おもちゃのロゴを生んだ国だったり、アンデルセン童話でお馴染みのハンス・クリスチャン・アンデルセン の故郷だったりするわけなんですが。どうもねぇ、ちっちぇえ国というイメージしかナインデスよねぇ

 ということで、今回はこの謎に迫ってみようか! 題しまして、
「甘エビをありがとう!!  ロイヤルグリーンランド社さん♪

* 正確に言えば、デンマーク領に所属する自治政府が、統治しています。
 デンマークの国章(?)は「舌を出した白熊」という中々に可愛い物で、ウチの商会の某女史なんかはクマ撃ちに行っちゃいそうですね。
 さて、理由はよく分かりませんが、気がつけば入植したノルウェー出身のバイキングの方が、いなくなってしまったグリーンランド。
 その後に、この地で暮らしていたのは、反対の西の大陸からやってきたエスキモーの方々。彼らは氷の上を渡ってやってきたのです。

 それからしばらく年月がたちまして、1721年。
デンマークから宣教師が、エスキモーをキリスト教に改宗させようと当地にやってきました。そして、1724年に「王立グリーンランド貿易会社」が設立されることになります。

 当初はエスキモーから、毛皮だのなんだのを買い付けていたこの会社。面白いのはこの時代の流れで、「貿易権」だけでなく「統治権」も手にすることになります。こうして、グリーンランドは「王立グリーンランド貿易会社」の統治下に入ることになりました。
(こうした領地を「会社統治領」といいます。有名なところでは、「(英・仏・蘭)東インド会社」などがありますね。これは、また後ほど取り上げたいと思います。)

 とはいえ、統治権を手にしたとはいえ、電気だガスだ水道だを引いてインフラを整備するわけもなく、ましてや病院や学校をつくってなどということもなく、やったことといえば「交易所をつくって、毛皮を買ったこと」「他の国の船が来たら、追っ払うこと」だったわけです。

 そんな感じで、とにかく200年ほどは上手くやっておりました。

(続く)
Scrivano;
Lucrezia Rosso
スポンサーサイト

Comment

2006.02.14 Tue 19:32  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2006.02.20 Mon 14:22  |  ご指摘いただきましたw

えー
「ロゴ」じゃなくて「レゴ」ですね♪

某さん、ありがとう!

…なんというケアレスミスだろうw

  • #-
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/127-9430b90b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。