スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産『ボイン渓谷の遺跡群』 (3)

豊穣な大地と、幸をもたらしてくれる母なる川。

自然の恵みによって、豊かな暮らしを送っていた人々。

しかし、歴史は移ろいゆくもの…

時代は、『神話の時代』から『人間の時代』へと、変化しようとしていたのです。

(前回のコラムは こちらから
ダーナ神族の有名どころ

・ダグザ(Dagda) 知識、大地、豊穣を司る最高神。
 生と死を与える巨大な魔法の棍棒、天候を操る魔法の竪琴、そして無尽蔵の食糧が入った大鍋を持つ。
 ちなみに、「敵に捕まったときに、膨大な量のお粥を食べて命拾いした」という逸話を持つ、初代大食いチャンピオン!(TV東京公認)
 しかし、3人の奥さんの名前がブレグ(偽り)、メング(狡猾)、メイベル(醜悪)というのはいかがな物だろう…

・ルー (lugh)
 太陽の神でありながら、知識・技能・医術・魔術・発明など、全技能に秀でた、ホントに使えるヤツ。クー・フーリンのお父さんでもある。
 十字剣フラガラッハ(アンサラー)、魔槍ブリューナク、魔弾タスラム、それに4神器の一つ魔槍ブリューナクも使いこなすことから「長腕のルー」の称号を持つ。遠くの敵には、射程+3で遠隔攻撃だ!

・クー・フーリン (Cú Chulainn)
 本名はセタンタ君。鍛冶屋のクーリンの館の番犬を一人で倒したら、あだ名がクー・フーリン(クランの猛犬)になってしまった。
 彼のお気に入りの武器は、魔槍ゲイボルグ!
ひとたび投げれば多数の穂先が降り注ぎ(多弾道型)、必ず敵の心臓に命中する(誘導火器管制システム搭載)優れもの! これさえあれば、テ○ドンも恐くないね♪『愛国者(パトリオット)』は使えないからさ
 でも、敵に奪われて命を落としちゃったよ…

 ということで、遥かリベリアの土地から攻め込んできたミレー族によって、首都のタラの都を奪われたダーナ神族は「常若の国-ティル・ナ・ノーグ」に逃れ、その地で「妖精-ディーナ・シー」になりました。

 それらの妖精達は、塚に住んだと古代の人たちは信じていました。
古代人は、石に「トリスケル」と呼ばれる渦巻き文様を彫り込み、妖精の住処である塚の上に立てたのです。

 アイルランドにやってきたミレー族はこの地に定住し、王国を築きました。こうして、神話の時代は終わりを告げたのです。

 残念なことに、古代アイルランド人は文字を残さなかったため、どのような人たちだったのか詳細な点は分かりません。現在までに分かっているのは、彼らが金属の道具を持たず、農耕を営みながら、比較的裕福な暮らしを送っていたという事くらいなのです。アイルランドの古代人達は、今でも数多くの謎に包まれた民なのです。

 いつの日か、この謎が解かれるときが来るのでしょうか。

 この遺跡は千年以上も、人々の脳裏から忘れ去られていました。1699年に石材を探していた作業員の一人が、偶然に、墓の入り口を見つけ出すまで、ただの小高い丘にすぎなかったのです。
謎が解かれるには、もう少し歳月が必要なのかもしれませんね。

~Fin~
Scrivano;
Lucrezia Rosso
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/126-dd4454ca
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2007.02.11 19:22

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。