スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金のあれこれ(後編)

売買契約書

代金:24$(に相当するトンボ玉、小間物や布)
商品:現在のアメリカ、ニューヨーク市 マンハッタン島

(1626年 オランダ商人と、アメリカ先住民族の間で結ばれた契約より)

【前編は こちらから】

(いま、 記事の長さに関するアンケートを行っています。
 ご意見を参考にさせていただきたいと思っていますので、ご協力をお願いいたします。)

 ちょっと中の人の体調が優れないので、ダイジェスト版でお送りします。
 さて、前回の最後に出した質問。
「なぜ、コインにはギザギザがついているのか?」 分かったかな?

 初期の頃、コインを完全な円形にすることは難しかったようです。現在のように、機械で造っているわけではありませんでしたし、鋳造技術も関係していたようです。
そのため、コインの周囲にバリが残ったり、形がゆがんだものが普通にありました。

 それを見ていたある人が、思いつきます。
「そうだ! 縁を削り取ったり、そいだりすれば結構な量の金を集められるんじゃないかしら」

そういったごまかしを防ぐために、周囲に刻み目が刻まれるようになりました。実際、縁を削ってギザギザがなくなってれば、一発で分かるからね。

 まぁ、これでごまかす人がいなくなったかというと、そういうわけではなく。たとえば…

粗い麻の小袋を用意します。
中に金貨を何枚かいれます。
しゃかしゃか振ります、ひたすら振ります。
すると、どうでしょう。不思議なことが起こります!なんと、袋の中に金粉があるではありませんか!(ビフォーアフター風に)
ようは、擦れて表面の金がとれてしまったわけです。これを集めて溶かして、、、なんてのも行われていました。
合法マフィア「イナ・トモ商会(*)」では、下っ端の仕事は、これから始まるそうです

 余談ですが。
海外、特にヨーロッパ圏に行くときは、『五円玉』を持って行くと喜ばれることがありますよ。
穴が空いていて、金色に光り、その上漢数字で書いてあるという、世界でも珍しいタイプのコインです。それに、プレゼントであげても「五円」ですからw
ちなみに、表面の「稲」は農業、「水面(波)」は水産業、裏面の「木の芽」は林業、穴のまわりの「ギザギザ」は歯車の絵で工業を表しています。重さは一匁(3.75g)、昔の1文銭と同じだぜぃ、と説明できるといいですね♪
閑話休題。

 では、『紙幣』はどうやって始まったのでしょうか。

 世界初の紙幣は、宋の時代に鉄銭の預り証として発行された「交子」であるとされています。旅に出ますと、お金を持って歩いていると危ない! こんな風になることもあります!
で、「引換券」をもって歩けばいいじゃない、という発想から生まれたわけですね。

 ちなみに、ヨーロッパではと言いますと、1661年にスウェーデンの民間銀行・ストックホルム銀行が発行したのが最初でした。
ついでに言えば、この銀行、それから7年後に倒産してしまったため「救済策として、世界初の国営中央銀行が出来た」という、名誉なんだか不名誉なんだかよく分からないことでも、歴史に名を残しております。

 さらにロンドンでは、ある金細工人が銀行の貸金庫に他の人のお金や貴重品などを預けるようになりました。その際に銀行は、物品1個につき1枚の受取証を発行しました。

時たつうちに、その職人の仕事ぶりが人々の話題に上るようになりますと、それに応じて世間の信用というものも高まって参ります。そうなりますと、わざわざ銀行にある品物を動かさなくても、受取証をやりとりすることが、お金のやりとりと変わらなくなりました。

そのうち、職人の発行した「Aさんに、これこれの額のお金を渡して欲しい」という、サイン入りの受取証も、お金の代わりに流通するようになりました。
そう! これが、後に『小切手』となるのです。

 物々交換に始まり、自然物を加工した地域通貨、そして金貨や銀貨へ。それが、時代とともに紙幣へ、そして今では電子マネーの時代に。
金貨や銀貨がザックザック♪

 しかし、どんなに時代が変わっても、「お金」の裏付けとなっているのは『信頼』であるということを忘れてはなりません。


…と、〆てみますw

***脚注***
* イナ・トモさんは本当はとってもいい人です。

Scrivano;
Lucrezia Rosso
スポンサーサイト

Comment

2006.02.08 Wed 10:00  |  

よく調べておられますね。楽しませていただきました。

  • #-
  • LuckySide
  • URL

2006.02.08 Wed 10:11  |  >LuckySideさん

おお! そういっていただけると、本当に嬉しいです♪

やはり、読んでくださった方に感想をいただけるのが、なによりの力。タウリン1000mgよりも元気になれます!!
これからも、頑張って更新しますので、ぜひお暇なときにでも翼を休めていただければと思います♪


…これで、ますます休めなくなったわね。自分で自分の首を絞めちゃったかしらw

  • #aeXHjovo
  • Lucrezia Rosso(管理人)
  • URL
  • Edit

2006.02.08 Wed 12:18  |  感謝!

リンク頂きまして有難うございます!

商会爆破をして頂き、
商会長を亡き者にしてもらうか本気で悩みましたが

早速こちらもリンクさせて頂きました!

のちほどゲーム内でも御挨拶させて頂きたく存じます。
改めまして宜しくお願いします('◇')ゞ

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/122-6be33b3c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。