スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ先生の服飾講座(3)

 それでは、今日は実習よ。

 さて、みんな「ダマスク織」は持ってきたかしら?
  当然、持ってきてるわよね。

 では今日は、先生が持ってきた亜麻から、実際に「ダマスク織」をつくってみましょう。
今日の教材 「亜麻」


 前回の授業を忘れちゃった子は、他の子からノートを借りて写しておいてね♪
     ・ノート1    ・ノート2

では、始めます。
 じゃ各自、手元にある亜麻の束を見てくれるかしら。とても、すべすべしてきれいでしょう。

私の肌もこんな感じだったのに、最近はお化粧ののりが悪くて…化粧水もグイグイ染みこむわ…

 さて、この亜麻ですが、ここまで仕上げるのには非常に手間がかかります!
まずは、どのようにして亜麻の繊維が取り出されるのか考えましょうね。

 かつて、亜麻の生産地として知られていた場所に、アイルランドがあります。

 4月ごろ、亜麻の種を畑に蒔きます。
それから16週間(4ヶ月)ほど、こまめに手入れをしてやります。すると、細長い茎の先っぽにきれいな青い花が咲くのね。
 花が咲いて、茎が茶色っぽい色になってきたら、茎を折らないように慎重に手で引っこ抜きましょう。これが、だいたい8月の終りね。
 抜いた茎から葉っぱと、種を取り除きましょう。ああ、この種は捨てないでね。種を絞ると亜麻仁油という植物油がとれるんだから。

 さて、これで終わりかというと、とんでもない。これからが本番です。
 これから行われる工程は、「発酵精錬」と呼ばれます。いい?発酵精錬、良く覚えておいてね。
 まず、この亜麻の茎を、池につけ込みます。
このとき注意するのは、きれいな池じゃダメということ。この作業の目的は、茎の表面の堅い部分(木質表皮)を腐らせて、中の繊維を取り出しやすくすることにあるの。
だから、もう近くに行っただけで、プンプン臭うような、澱んだ池があればもう完璧♪

 そういえば、北海道の釧路にあった「春採湖」は、『世界で一番汚い湖』と言われていたわね。今は、頑張ったかいもあって、きれいになったけど…。あのくらい澱んでいたら、最適だったのかしらねぇ。

 さて、2週間ほどつけ込んでどろどろに腐って溶けてきたら、池の中に入って引き上げましょう。
あー、臭い、臭い。
このときに、茎を折っちゃったりすると、今までの苦労がパーになるので注意してね。

 引き上げた亜麻を乾燥させます。
そうね、2週間位も天日に干せばいいかしらね。乾燥したのを確認したら、「製維」という工程にいきましょうか。

 「製維」というのは、茎を木槌でトントコ叩いて繊維を取り出す仕事です。取り出した繊維は、梳いて(すいて)もつれた糸をきれいにします。

 では、糸を集めて長さをそろえましょう。
あ、短い繊維も捨てちゃダメよ。これは、あとで麻ひも、漁網、防水布や帆布などの粗製品を作るのに使いますからね。
そして、長い繊維は紡いで織物用にします。これが、みんなに渡した亜麻糸ね。
今日の教材 「亜麻」

 これで、全工程のやっと半分ね。まだ、あるのよ。

 さて、これで織物をつくればきれいな亜麻布が出来るのかというと、そうではありません!
 
 まずは、機織機(はたおりき)でギッチョンギッチョンと、布を織りましょう。機織り機ってのは、鶴の恩返しで鶴が布を織るのに使ってた奴ね

 織った布は、繊維を平らにするために叩きます! 何度も、何度も!!
浮気が発覚した旦那を叩くように、コテンパンに!!

 それが終わったら、次は「漂白」の工程ね。これがまた面倒。
じゃ、オランダで行われていた実際の方法について見てみましょうか。

「アイルランドで行なわれていたようなオランダ方式は、8日から10日間アルカリ液(牛の尿か海草の灰汁)に漬け、いったん洗った後に二~三週間バターミルクあるいは糠に漬け、さらに洗った後、光沢を出すために木槌でたたく、日光と空気にさらすためしばらく草の上に広げておく」

 このように、非常に手間がかかっていたのです。完成までには、なんと7~8ヶ月もかかったのよ。

 さて、今日の主役の「ダマスク織」の登場ね。
 ご存じの通り、ダマスク織りの「ダマスク」は、シリアの都市ダマスカスから来ているわ。ゲームでは、ベイルートで売っています。
ダマスク織

 この布の特徴はというと、なんといってもきめの細かさ。そして、糸が白一色なのに浮き出る模様…なんて、不思議な布なのでしょう。

 では、なぜ模様が浮き出るのでしょうか? みんなも考えてみてね。

 正解は、光の屈折が関係していました。
縦の糸と横の糸の、光の屈折率を変化させることによって、巧みに文様を描いているのです。すごいわよね!
 英国のビクトリア女王に送られた、ダマスク織のドイリー(敷物)は、この点で芸術的でした。
そのダマスク織のドイリーの大きさはそれぞれ縦43㌢、横38㌢と言う小さなものなの。まぁ、テーブルくらいの大きさね。
しかし、その1枚のドイリーに縦糸が3060本、横糸は4012本も織り込まれているのよ。糸を一本に直すと、その総延長はなんと、4kmにもなるのです!

 このように、亜麻布は生活必需品としてだけでなく、贅沢な工芸細工にもなっていたのでした。


今日のゼミは、面白かったですか?
面白かったという方は、FC2ランキングに投票をお願いします♪  ∈(゚◎゚)∋


 トラックバックの方式が変更になりましたので、いままで迷惑トラックバック排除のために休止していた、トラックバックの受付を再開いたします。
スポンサーサイト

Comment

2006.02.03 Fri 01:15  |  初めまして!

E鯖で縫製職人をやっているものです。普段見慣れている生地や繊維について知らないことばかりで、エントリーを楽しく拝見しました。続きもあるのでしょうか?楽しみにしています!ヽ(*^^*)ノ
リンクはらせて頂きましたm(__)m

2006.02.03 Fri 06:53  |  Archieさん>

コメントありがとうございます。

私も最近、セカンドの縫製修行を開始しました!!
ていうか、5の段階でくじけそうっすw。でも頑張るぞぉぉ!!
 続きに関しては、リクエストなどがあれば、書かれることもあります!!!
ええ、これは皆様の応援次第w


なおE鯖には、ネーデル国籍の「ルクレ・ノワール」を投入中です。見かけたら、声をかけてやってくださいな。
あ、リンクさせていただきましたよぉ。

  • #-
  • ルクレッツィア・ロッソ
  • URL

2006.02.03 Fri 18:57  |  

博識にいつも驚かされてるカエデです。
私のように気分で更新されてないだけに自然と頭が下がります。

先生、いつも講義を楽しみにしてますぜ。

  • #mQop/nM.
  • カエデ・ウェンバーン
  • URL
  • Edit

2006.02.04 Sat 21:48  |  カエデさん>

博識なんて、、、照れるジャマイカ

でも、気分で更新してるので、応援がないと更新もストップしてしまいます!!
さぁ、続きが読みたい人はコメントを残すか、ランキングに投票だぁあ!(←誰に訴えているw)


でも、本当に見てくださっている方々のおかげで続けられています。本当にありがとう!!▼o゚◎゚o▼ Wウナチュウ

  • #-
  • ルクレッツィア・ロッソ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://popoloerrante.blog26.fc2.com/tb.php/114-9e1da144
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。