スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲に目がくらんだ王様のはなし(中)

 以前のイオについてのおはなしを書いたときに、ヘンリー・リーマン先生から「私の読んだのでは、イオ助からんかった><」というコメントをいただきました(遅くなりましたのでこちらで感謝を!)
まぁ、「ギリシャ神話」は別名「ギリシャ悲劇」といわれるくらい、後味の悪い作品も結構あったりします。実は神話や物語ですから、登場人物や結末にいろいろなバージョンがあったりもするんですね。
 
ということで今日は、始めにそこら辺りについてのおはなしをば。
 今回のおはなしを書くに当たって参考にさせていただいたのは、19世紀アメリカのトマス・ブルフィンチという人が書いた"The Age of Fable(伝承の時代)"という本です。

このトマス・ブルフィンチという人も面白い人でして、お父さんは有名な建築家(アメリカの議事堂『キャピタル・ヒル』を造った人)で、自身はというと銀行員をやりながら作家活動を行っていたという興味深い経歴をお持ちの方でした。
で、この人の作品はといえばアーサー王の伝説やギリシャ・ローマのおはなしにゾロアスター神話、シャルルマーニュ大帝についてだったり、旧約聖書についてとかについてだったりします。実はこういったおはなしってのは、ヨーロッパの文学の基礎になってる物語なんですね。逆に言えばヨーロッパ文学のほとんどは、こういうのを知ってる読者に向けて書かれているわけですから、これが分からないと本を読んでもさっぱり分からないし面白くないという結果に。
(例を挙げますと、少し前に通称「マルセイユ在住ハゲの暗号」という作品がブームを引き起こしましたが、あの作品も背景をしらなければ面白さが(あるかどうかは私的には微妙ですが)半減すると思いました。普通の日本人(特にクリスチャン以外)は、前準備なしにあの話を読んでも本当に理解できるのかなぁ、と心配になったものです。)

 話がそれてしまいましたが、このブルフィンチという人の作品は、そういったヨーロッパ文学の基礎の部分にあまり馴染みのない当時のアメリカ人の入門書という形で書かれたものであります。原書を見ても文章も分かり易いし、たとえ話もついていたりするしね。そういう経緯もあってブルフィンチさん、比較的ハッピーエンドな説を取り上げてまとめたのではないかと私は思うわけだw

 じつはこの本、岩波書店から訳本が出ていますが、なんと訳者に野上 弥生子(「女性である前に人間であれ」は名言)、その上夏目漱石が序文を贈っているという豪華作品でもあったりします。当時のアメリカ人と同じく、あまり神話やヨーロッパの民間伝承に馴染みのない日本人にとってもなかなか親切設計な作品ではないかと思います。(聖闘志星矢でギリシャ神話を勉強するよりはきっとイイと思いますよw)

 前置きが長くなってしまいましたが、今日もミダス王のおはなしスタート!!

[More...]

スポンサーサイト

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。