スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界で一番幸せなのは誰か?」(後編)

ある日のヴェネツィアにて
そっくりさん!

コメントがまた泣かせる!

 人の幸せは、その人が持っているモノによって決まるのだろうか?
その問いに、ギリシャ屈指の哲学者が答えます。

[More...]

スポンサーサイト

「世界で一番幸せなのは誰か?」(前編)

リディアで使われてたコイン

 リディアのクロイソス王は、当時屈指の大金持ちとして知られていました。

 彼の富裕ぶりを示す一つの例は、『世界七不思議の一つ』とされているエフェソスのアルテミス神殿を建設したということでしょう。もちろんこの神殿は彼の在命中には完成することはありませんでした。その建設には120年という長い期間がかかったからです。
今では単なる廃墟でしかないアルテミス神殿ですが、古代においては非常に壮麗な建物があったと考えられています。七不思議の編者であるビザンチウムのフィロン(西暦前2世紀の人)は、この神殿についてこう述べました。
 わたしは(同じく七不思議の一つである)バビロンの空中庭園や城壁…大ピラミッドの偉業も見てきた。しかし、雲にそびえるエフェソスのアルテミス神殿を見たときにそれら全ては霞んでしまったのである。
~フィロン編 「世界の七大景観」より~
 この壮麗な神殿建設を始めたのが、リディアのクロイソス王だったのです。

[More...]

欲に目がくらんだ王様のはなし(後編)

落ち込んだりもしたけれど、私は元気です…

The shrine of inscription

 ディオニッソスから「手に触れた物を、なんでも金に変える力」を得たミダス王。

 ところが王宮に帰ってきて、家族や家臣たちにこの能力を見せびらかしていたミダス王ですが、しばらくして大変なことに気がつきます。

 それはディオニッソスが『厄介な能力』と看過した理由だったのですが、皆さんはそれがなにか分かりましたか?

というお話しの続き…

[More...]

欲に目がくらんだ王様のはなし(中)

 以前のイオについてのおはなしを書いたときに、ヘンリー・リーマン先生から「私の読んだのでは、イオ助からんかった><」というコメントをいただきました(遅くなりましたのでこちらで感謝を!)
まぁ、「ギリシャ神話」は別名「ギリシャ悲劇」といわれるくらい、後味の悪い作品も結構あったりします。実は神話や物語ですから、登場人物や結末にいろいろなバージョンがあったりもするんですね。
 
ということで今日は、始めにそこら辺りについてのおはなしをば。
 今回のおはなしを書くに当たって参考にさせていただいたのは、19世紀アメリカのトマス・ブルフィンチという人が書いた"The Age of Fable(伝承の時代)"という本です。

このトマス・ブルフィンチという人も面白い人でして、お父さんは有名な建築家(アメリカの議事堂『キャピタル・ヒル』を造った人)で、自身はというと銀行員をやりながら作家活動を行っていたという興味深い経歴をお持ちの方でした。
で、この人の作品はといえばアーサー王の伝説やギリシャ・ローマのおはなしにゾロアスター神話、シャルルマーニュ大帝についてだったり、旧約聖書についてとかについてだったりします。実はこういったおはなしってのは、ヨーロッパの文学の基礎になってる物語なんですね。逆に言えばヨーロッパ文学のほとんどは、こういうのを知ってる読者に向けて書かれているわけですから、これが分からないと本を読んでもさっぱり分からないし面白くないという結果に。
(例を挙げますと、少し前に通称「マルセイユ在住ハゲの暗号」という作品がブームを引き起こしましたが、あの作品も背景をしらなければ面白さが(あるかどうかは私的には微妙ですが)半減すると思いました。普通の日本人(特にクリスチャン以外)は、前準備なしにあの話を読んでも本当に理解できるのかなぁ、と心配になったものです。)

 話がそれてしまいましたが、このブルフィンチという人の作品は、そういったヨーロッパ文学の基礎の部分にあまり馴染みのない当時のアメリカ人の入門書という形で書かれたものであります。原書を見ても文章も分かり易いし、たとえ話もついていたりするしね。そういう経緯もあってブルフィンチさん、比較的ハッピーエンドな説を取り上げてまとめたのではないかと私は思うわけだw

 じつはこの本、岩波書店から訳本が出ていますが、なんと訳者に野上 弥生子(「女性である前に人間であれ」は名言)、その上夏目漱石が序文を贈っているという豪華作品でもあったりします。当時のアメリカ人と同じく、あまり神話やヨーロッパの民間伝承に馴染みのない日本人にとってもなかなか親切設計な作品ではないかと思います。(聖闘志星矢でギリシャ神話を勉強するよりはきっとイイと思いますよw)

 前置きが長くなってしまいましたが、今日もミダス王のおはなしスタート!!

[More...]

欲に目がくらんだ王様のはなし

広場を眺めて
昨日はセビリアで広場をぽーっと眺めていました…



[More...]

My Love Your Love

My Love Your Love

(たったひとりしかいない あなたへ…)


002.jpg


[More...]

『威尼斯怪奇奇譚』

 今日は、私が経験した怪奇現象についてお話ししましょう。

 それはある日の昼下がり、黄昏近づくヴェネツィアの広場でのことです。その人は突如として私の前に現れたのです…。

 アントン・シントラーは、師匠であるベートーベンがかくのごとく語ったと記録しています。
曰く、「運命はかく扉を叩く」。

そう…
私にとっても、彼との出会いは運命的な出会いでした。

(タイトルは『ヴェネツィアかいききたん』でございます)

[More...]

「イオニア海」の名前の由来のお話し (後編)

変人さんいらっしゃい♪ PART2
…またの名を「ロパ倶楽部」(犠牲者ともいうw)

まっちょなひと

んまっ! 素敵な殿方…ポッ (造船所主人)


また、ロパを仕入れてこないと…

 さてさて御用とお急ぎでない方は聞いておいで!

ギリシャ神話において、もっとも女たらしなのは神々の王たるゼウス。いったい何で王位についたのか疑問なこの御仁、また女に手を出した!
なんとお相手は、ミス・リバーことイオ嬢だっ!(バンバンッ
ところがそれが、怖い奥さんにばれたからさあ大変、ウナギが出てきてこんばんわっ!
そんなおとんの後始末をするためにやってきたヘルメス君の活躍が今日のお話しだっ!!
さぁさぁ、ゆっくりと聞いていっておくれ!!
(前編)(中編)


[More...]

「イオニア海」の名前の由来のお話し (中)

世界ふしぎ発見!

チチェン=イッツァ天文台



世界ふしぎ(な人たち)発見!

変な人、発見…

変な人、また発見…

変な人、またまた発見…


 今日はイオとゼウスの物語、続きとなります。
前回のお話しはこちら

[More...]

「イオニア海」の名前の由来のお話し

20060916193429.jpg

冒険レベルが40になりました。これで2人目の副官が雇えます。
そして、発見物も丁度500個。
20060916194234.jpg


イオニア海

 アドリア海から出た辺りの海域を、イオニア海(Mare Ionio【伊】)といいます。
今日は、このイオニア海についてのおはなし。

[More...]

数奇な運命をたどった航海者たち(8)

前回の日記で、髪型を変えて不評だったとお話ししましたよね。
なので、また髪型を変更しました!

ゲーハー

ロンゲ先輩今後ともヨロシクお願いします!!

今日のお友達紹介コーナー

バカ一家…ご先祖様を恨もう!

 それでは、ウィリアム・アダムスの生涯 最終話です。

[More...]

数奇な運命をたどった航海者たち(7)

うっす!

うっす! おら、ロッソっす!!



・・
・・・特にオチなし
 夏休みの宿題は、夏休み終わる前にやっておかないと…

 もうみんな(というか私?)忘れてると思うけど、ウィリアム・アダムスのお話です。

  第1話第2話第3話第4話第5話第6話

[More...]

徒然日記『La Fronteraはかく語りき』

 前回、最後にブログを書いた日が8月31日だったわけですよ。
で、今日が9月11日。やっぱり、10日くらい空かないとブログって書いた気しませんよね!!!
 今日は、この10日間でやっていたことをご紹介しましょう!


La Fronteraになって、やってたこと

その1 髪型変えた
変更前(夜会巻きバージョン3.1)
(変更前:夜会巻きバージョン3.1)

変更後(ソバージュ?)
(変更後:ソバージュ?)

しかし、これが絶不評!!

まぁ、自分でもそんな気がしてたんだけどさ…
その2 パレンケ遺跡発見
これがパレンケだっ!

冒険レベルを40にあげるために奮闘中!
残り経験値 9000!

その3 着る服がなくなった…

イヤン♪
苦楽を共にしてきたガンドゥーラ(猫目イリヤ バージョン)がついに擦り切れた!
ガンドゥーラ、もしくはジュストコールの寄贈求む!!
「素晴らしい!そなたはルクレの恩人だ!」


以上!!

FC2カウンター

プロフィール

ルクレッツァ・ロッソ

Author:ルクレッツァ・ロッソ


  • 管理者ページ


  • 映像資料室(FLASH倉庫)

    ◆Lucrezia Rosso

    所属商会記録:オトナの商会@アムスてるダム(現)
    アストレア@ヴェネツィア
    猫教団@セビリア
    世界の船窓から@マルセイユ
    たまごのしろ@ナポリ
    いらん子@セビリア

    ◆オペル・ベクトラ

    得意スキルは誤字&誤爆
     (両方 完スト達成!)


    リンクはフリーでございます。こんなブログですが、お気に召していただければ、是非ともお願いいたします。
    また、コメントを残してくださると中の人共々喜びますし、こちらからもビシッとリンクさせていただきます♪

    お約束

    このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

    (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

    最近の記事

    カテゴリー

    ブログリスト

    BLOG PEOPLE

    ブログ検索

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    全ての記事を表示する

    Copyright © ルクレッツァ・ロッソ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。